2017年3月 5日 (日)

発表会終了‼︎

あ〜終わりました、発表会。でも、一枚も写真がない…。撮る時間的な余裕がなかっただけです。発表会はいつも時間が早くなるんですよね。

落語会慣れしてないからでしょうか。いや、経験から言うと…緊張するとネタ飛ぶもんなぁ。時間守る意識ないとか…そういう問題ではない気がします。

振り返れば朝から時間はあるはずだったけど、先週は土日まるまる広島だったので、今週は朝から掃除して、布団干して、クリーニング屋さんに行って、実家に行って郵便物のチェックして…チャリンコで落語みゅーじあむへ。

着いて、まずは客席で絹馬さん、絹ちゃんの落語を聞きました。なかなか落ち着いた堂々とした落語でした。間延びしてなかったよ〜。コンパクトにいい感じに間に合ってました。猪山寄席でも受けてたもんなぁ。でもちょうどランチタイムでお客様が少なかったのは残念。私はそういう時の方が意外と落ち着くけどね。

予定より15分早くてお昼ご飯を(注文してから食べ終わるまで)10分で食べ、そそくさと着物に着替え、化粧して、髪をまとめて…ネタをくる時間はありませんでした。

私のネタは「江戸荒物」。広島でネタおろして一週間。月末で仕事が忙しかったこともあり…気が抜けて一時期のような集中力が出ない。でも広島で極度に緊張したせいか(緊張した成果?)、もう怖いもんなんかないサーって感じでした。

お客様を信じて❗️落ち着けば❗️焦らず❗️

そして終わりました〜。広島より会場は狭いので反応はストレートに伝わってきました。落ち着いてやれました。これも広島のおかげです。自分の落語に自信がついたとかそんなことは思ってません。…というかプレッシャー乗り越えた自信かなぁ。

笑鬼さんは、聞きにきてくれたかな。そう思ってたらその夜、二次会でちりとてちんに行ったら、智子さんが来ていて私は思わずハグしてしまいました。智子さんハグしながら笑鬼さんとハグしてる気になってました。「笑鬼さん。聞いてくれた?おもしろかった?私らしさは出てた?」そんなことは聞いてみたかったな。

央志んさんの落語も聞き飽きさせない展開でした。どろぼうのアホさかわいさがよく出てた。なな子さんもよく短期間であそこまでがんばったなぁと思います。落語らしくなってました(笑)。ホント度胸あるよなぁ。

そう言えば、同期の電次郎さんもちりとてちんのカウンターにいたのはビックリ。9年前より若返ってる。相変わらずの「落語声」。4月からは笑寛さんも4年ぶりにカムバックするし…また賑やかな猪山寄席になりそうです。

次回の猪山寄席は6月3日(土)です。

おっとその前に❗️



そしてコレ❗️




もひとつおまけに❗️



| | コメント (2)

2017年3月 3日 (金)

明日発表会!

明日は落語を始めて9回目の発表会です。時間は大幅に前後する可能性がありますのでご了承くださいませ。

猪名川亭風鈴「江戸荒物」13時47分〜

前々回の猪山寄席でも「江戸荒物」やりましたが、あれは桂米朝師匠の「江戸荒物」。今回は笑福亭福笑師匠の「江戸荒物」。すべることを恐れないこの意気込みをかってやってください(笑)

明日もがんばるぞ〜。よろしければぜひ。あ、かんざし落とさないよう気をつけようっと(広島でサゲの直前に落ちた❗️)。

| | コメント (2)

2017年2月27日 (月)

広島チャリティ寄席

行く前はあんなにプレッシャー感じてて落ち込んでましたが…やっぱり楽しかった「広島チャリティ寄席」。


(三ん生さん、いないversionでごめんなさい)

当日は4時半起床。5時半、予約したタクシーに乗り込みました。ココまでは順調だったのですが…まぁいろいろなトラブルが。

①新大阪に着いて同行していた娘が「あ、スマホをトイレに忘れた❗️」と走って戻り(無事確保)。
②広島駅で別れて私が在来線に乗り込んだ時に娘から「乗車券、お母さんに2枚渡してるから私、降りれない」と電話が(仕方なく下車。かかしさん、さるやんより一本遅れて五日市駅到着。五日市駅バス停で無事合流)。
③さて、私の出番…という時に「あ、コレ、私の出囃子だ❗️」と虎ふくちゃん。緊張のあまり私は、流れている出囃子が供奴でないことに言われて気づく。虎ふくちゃんが、控えと反対側の下座さんところまでマッハで走ってくれて無事「供奴」が流れる。う〜ん、もっと聞いていたいけど、あまり間が空くとお客様が心配するので早々に高座に上がる。

高座に上がってしまえばもうまな板のたわし。いや、まな板の私。持ち時間ギリギリだったのでマクラはあっさりと。落語はこってりと。

…のつもりで始めました。今までにはない芸風(?)の「江戸荒物」福笑version。私がやっても「腕のある福笑師匠だからできる」って言われた。わかってる、ひどいヤケドすることは。でも「やったらええやん」と言って背中を押してくれた人がいた。大好きなその人が私に残してくれたその言葉を宝物に、自分に限界を作るのはやめようと思いました。

今日まだ太ももに残る筋肉痛が、いかに緊張したかその証拠です。こんなに筋肉痛になるのは久しぶりでした❗️

| | コメント (5)

2017年1月20日 (金)

明日の予定ありますか?

【直前告知】

明日は「第15回猪山寄席」です。
寒い一日になりそうですが会場のお客様はきっと温かい❗️…信じています。

そして3月はコレ❗️



【日時】平成29年2月25日(土)午前10時~午後6時5分
    平成29年2月26日(日)午前10時~午後5時43分
    平成29年3月4日(土)午前10時~午後5時51分
【場所】落語みゅーじあむ(池田市栄本町7-3)
【木戸銭】無料







私は3月4日(土)江戸荒物やりま〜す。以前の猪山寄席でネタおろしして以来どこでもやっていませんが、前回とはチョット違った味付けでやろうと思っています。よろしければお運びください。

まずは明日❗️

| | コメント (2)

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年2017

明けましておめでとうございます。

今年は我が家にとって大きな節目になりそうなので(ならないかもしらんけど)、それを口実に年末年始いろいろな手抜きを…。

まず、大掃除。我が家の大掃除は毎週土日の掃除が手抜きのため大幅なマイナスからのスタートになり、そのマイナスをゼロにした時点であきらめてしまいました。ここ2、3年着なかった服を捨て、最近着なくなったスーツ、ワイシャツを整理、残っていた浴衣を年末にようやく片付けました。

年賀状は毎年(なぜか)プレッシャーで、毎年やめようやめようと思っている習慣の一つ。元旦に届くように書かなくては…手書きで何か一言を添えなくては…毎年もらってる人には出さなくては…というプレッシャー。もらったらうれしい年賀状。お正月にのんびりとしばらく会えてない友人、知人、親戚の顔を思い浮かべながら書けたらいいんですが…。

毎年どんなに忙しくても作ってきたおせちを省略。年末のデパ地下買い出しもあきらめました。なので今年はおせちの写真はナシで❗️年越しそばとお雑煮だけは作りました。

毎年ドアには(今風な)しめ飾りは飾るけど、千両の赤い実はすぐに落ちてくるので省略。

大晦日の朝から少し喉と鼻の間が痛いのでお正月はおとなしくしていたいです。今年のたなくじ(NHKの教育TV)はコレ❗️今年も古き仲間との絆を大切に、そして新しい出会いにも期待大happy01


今年もどうかこんなふつつかな私を何卒よろしくお願いします。

| | コメント (2)

2016年12月31日 (土)

総括2016

振り返るほどの実績ではないのでお恥ずかしいのですが、覚書として…



1月8日は香川県にて元祖「べっぴん寄席」。今年は申年だったので「猿後家」でスタート。噛まずに止まらずに最後まで辿り着けた。
1月はもう一席「新春出前寄席」で「悋気の独楽」を。
あ、忘れてた。今年も「第13回猪山寄席」は1月でした。初めての新作落語立川志の輔作「親の顔」のネタおろし。
2月は落語みゅーじあむ発表会でグダグダの「平林」。反省しきり。
3月は毎年恒例の沖縄「春の寄席」で「親の顔」。沸点の低い沖縄で自信を取り戻す⁈「あたらし寄席」と日程がダダかぶりとなってしまった…のは残念。
4月は恒例豊中市岡町伝統芸能館にて「第二回寅の子寄席」で「転宅」。
翌日に池田市で初の「ほぼ別嬪寄席」でグダグダの「親の顔」。気力、体力の限界を感じた。笑鬼さんに初めて「おもろかったで」と言ってもらえた。
5月は「第二回呉羽会館で落語を聴く会」で久々の「つる」を。
6月は「第14回猪山寄席」で「江戸荒物」。
8月は初の千葉進出「第31回落語ドッキリチャンネル夏休み拡大版〜千葉で会いましょう〜」略して千葉ドキに呼んでいただけた。ココでも「親の顔」。
10月は「第8回社会人落語日本一決定戦」予選で「親の顔」10分versionで見事玉砕。ええねん、やりたいようにやったからええねん。
翌日「岡町噺の会」で再び「親の顔」(←2日続けて違うネタやるなんぞ100年早いと4月に反省したため)。
11月は「第二回呉羽会館で落語を聴く会」で「平林」。発表会のリベンジができた気がした…。
12月は、とある老人会にお呼ばれして久々の「星野屋」。これは主催者のリクエストによるもの。

以上今年は14高座。昨年は12高座だったので、今年自粛しようと決めていた割にはこれでも我ながらまぁがんばったのです(←誰も褒めない)。

ネタは「親の顔」が6回とダントツですが、あとは結構古い持ちネタもやれたし、まあまあかな。来年は古いネタもやりたいし、新しいネタもやりたい(あ・た・り・ま・え!)。

さて、次回の「第15回猪山寄席」は?

池田駅前南会館の空調設備工事のため1月に延期しております。来年は1月21日(土)でよろしくお願いします。1月にふさわしいネタ「初天神」やります。ようやくエンジンかかってきました(←今頃⁉︎)。15回記念ということでチラシもリニューアルしました。
↓コチラは掲示用version



来年も何卒よろしくお願いします。よいお年をお迎えください。

| | コメント (4)

2016年12月30日 (金)

「呉服会館で落語を聞く会」

(今更ですがアップしそびれていたので年末SALEでアップします)

11月19日は、池田市内で落語会でした。定員30名という小さな会も半年ごとに3回目を迎え(私は2回、3回の参加ですが…)、自治会、社会福祉協議会、子ども会…地元の方々に定着して来た印象でした。



十徳 絹馬
平林 風鈴
大安売り 鮎の助
子ほめ 青波



今にも降り出しそうなお天気にも関わらずお客様は18名。スタッフとして絹ちゃんの奥様、レギュラー颯人くんも参加。ありがとうございました。

この会の特徴は、サゲを先に言っちゃう…タイプのお客様がいない(初めて聞くかのように笑ってくださる)、子どももいる、私を知っている人がいない、ということ。なので、大ネタは必要がないし、長くなくて、幅広い年齢層にわかりやすいネタがいいなぁと考えています。

4月「岡町噺の会」のアンケートで声が小さかったと書いてもらいましたので、今回はマイクもないし、声を張ったつもり(←アンケートで声に関してそれなりの評価をいただきました)。

登場人物それぞれに色をつけないでネタに集中する。3人目のタバコ屋さんだけはおばあさんに。名前の順番は間違えずに言えた…でも丁稚の大事なセリフ忘れて後で付け足した(←あかんやん❗️)。

あとはサゲ。平林のサゲはわかりやすくて好き。サゲ前の加速?盛り上がり?集中力を切らさずにモタモタせずにストンと落とせるか最大の課題。コレは失速せずにちゃんと言えたか、録画を見ないとわからないかも。

でも反省点みつけられただけ冷静にできたというこかな(笑)。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2016年10月26日 (水)

そして祭りのような夢の続き

今年の「社会人落語祭り」はこれだけでは終わらず、10月10日、健康的なイベントが全国各地で催されているさなか私たちはカラダに悪い(いや、悪くない❗️)落語会を開催しました。



第二回岡町噺の会。発起人は千里家圓九サン。この会の趣旨がよくわからないまま(いや、うすらぼんやりわかってましたってば)当日。関東から来阪3日目の落語バカ6人、迎える関西の落語好きなアホが6人、集まりまして、夢の饗宴…じゃなくて夢の共演が実現しました。









お客様は130人を超えていたと言いますからスゴイ人気❗️(←私の人気ではない)



打ち上げで私はアンケート、全部目を通しました❗️貴重なご意見ありがとうございました。その中で一つ「みかんの問題、答えが間違っていた」と書かれたのですが…噺の中に出てくる先生の「正解だけが全てではない」と私は思いますし、正解は一つではないと思いますので、どうかご理解くださいませ。

おしまい。


| | コメント (3)

2016年10月18日 (火)

夢の続き

もう一週間以上経っているので今更感満載なのですが、覚書として。

予選の夜は、毎年恒例のアレ…からのちりとてちん…からのカラオケ@クルエラ。

アレとはキビシ〜イ入会審査基準をくぐり抜けたツワモノどもが夢の跡(なんのこっちゃ)…風鈴ファン倶楽部、今年はえーっと何人だったかな、最終99人?もはや宗教団体?教祖いや客寄せパンダは風鈴で、後ろでそれを操るのは…そうアノ人❗️この方に説教されたい方が年々増殖中(笑)。

3時間のファンミーティング、今年はケガ人もケンカもなく…途中さわやか(?)交際宣言の記者会見が急遽始まり、和やかなうちにお開きに。お開きになる頃にはもうベロンベロン(になってないと思っていたけど)。A地点からB地点まで「風鈴ファン倶楽部」の名びらを紛失。あ〜、キッチュさんの手前、公開捜査がでけへん❗️

ちりとてちんでは烏龍茶一杯だけを飲み帰るはずが気付くとカラオケへ。クルエラは店の名前ではなく、ママの風貌が101匹わんちゃんに出てくるクルエラそっくりなので。ちりとてちんにいるすい好さんを迎えに行って帰ってきてまもなく私は無事帰りました(どうやって帰ったか記憶なし)。

そして翌日は、決勝。どなたが上がられたのかは多くの方が書かれていますので省略しますが…憧れます。入賞された皆様、おめでとうございます。皆さん、とにかくたくさんの高座に上がっておられます。そのためにたっくさんのお稽古をして、振り返り、アドバイスを真摯に受け止め、日々研鑽されています。それらを全てやれば決勝に上がれるのかというとそうでもない。でも全国各地から時間とお金をかけ予選に来られているほとんどの方が実行されていることです。最低でもそれらの努力は必要だということ。う〜ん、できていない❗️来年こそはがんばろう…と毎年思うのであった。

続く。

| | コメント (1)

2016年10月12日 (水)

感謝

文字通り、7日の夜から昨夜10日の夜まで落語WEEKでした。

7日の夜は大会の前日入りしている仲間が石橋の高級居酒屋「ちりとてちん」に集まる風習なので、チョットだけ参加。でも頭は翌日の予選ネタで頭いっぱい。6日夜生まれて初めてのカラオケでのひとり稽古で制限時間10分になってなかったので、あせりまくり。皆さんの懐かしい顔を見た後はカラオケへ…のつもりが、ちろりさんが「2階で稽古しぃや」って言ってくれはったので、2階へ。マクラ、ネタの構成…最後の最後まで迷ってたけど、小亀師匠のアドバイスもあって、あのかたちに。

そして、予選の日。今年は池田駅前南会館。中入り後の2人目。中入りでお客様がドバーッと移動。スカスカの会場でした。笑いのボリュームもイマイチ。そこそこ笑いはあったけど、今までのどの「親の顔」よりも静か。コレが大会の怖いとこ?

するってぇと私の頭はドンドン冷静になってネタは飛ばさず、つまらず、かまずやりきれました(笑)。昔の同僚(そして仲人)が八尾市から来てくれて一番前で聞いてくれてました。きっしん、もくもくさん、スゥさん。、スゥだんだんさん、仕事終わってかけつけてくれた歯光さん、ありがとう❗️

続く←ホンマに続く?

| | コメント (1)

«社会人落語日本一決定戦WEEK