« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

平日に代休

日曜出勤したので本日水曜日に代休を取りました。まず子どもたちを見送り(いつもは私が先に出勤)、2日分の洗濯物を干しまずはカットへ。バス停に向かう途中ちょうど幼稚園の登園タイム。ベビーカーに赤ちゃんを乗せて送ってくる人、自転車の前後に子どもを乗せて送ってくる人、送り終わって立ち話しているママ達。子どもを持つ身でありながらなんか初めて見る光景、って言うか…どこか違う人種を見ているような気がしてしまいした。みんな忙しそうだな。キレイにしてるおかあさん、意外とおとうさんも送って来てたりして。あ~なんか憧れる専業主婦たち。週3日扶養控除内でパートしてみたい…。いつまで働くんだろう私。

カットに行くと安いだけあって朝9時半というのに結構お客さんが来ていました。私が終わる頃には待合の席に空き席はありませんでした。だってシャンプー付カット2,000円、カラー3,000円、パーマ3,000円…。安いでしょ。でも大衆○○って感じでもないし。私、本日はカット&カラーで髪を真っ黒にしちゃいました。

次に向かったのは免許更新。誕生日は過ぎてるけど大丈夫。2,100+700円の収入印紙を買って、視力検査して、郵送で免許を送ってもらうために交通安全協会へ。800円の手数料がいるんですよね。いつ来ても思うんですがここのパートの人、暇そう。でも退屈だろうなあ。この話を以前友達にしたら、馬券の換金パートもすごいらしい。仕事の割りにいい時給で。でもこんな求人見たことないでしょ。ほとんどが縁故で、辞める人が周りの人に声をかけるとすぐ人が見つかるらしい。よほどラクで高い時給なんだろう。でもお金を扱う仕事って気を使うよね。気も使うし手も荒れるし。

話はそれましたが、今日は息子が試験前で早く帰って来る日。あわてて帰って来たのに帰ってきたのは2時ごろでした。おそっ。昼ごはん食べて食べさせて次はお待ちかねのお昼寝。でも寝ていたら電話。リビングで寝ていた息子が電話を取ってくれた「おかあさん、杉本さんから電話」。えっ、杉本さん?確か今、外国にに行っているはず。帰国したのかな、でも私の自宅に電話してくるかな…と考えながら電話に出ると、セールスの電話。「セールスの電話でしたらお断りします!」と言うと「いえ、セールスではなくてご案内のお電話なんですが…」同じじゃないのっ!私の怒りが通じたのかあっさり電話は終了。たまに逆切れするテレアポもいますが。

お昼寝から目覚めるとちょうど息子の姿が。起こしてのポーズ(両手を前に)をするとちゃんと起こしてくれました。さすが毎日ごはん作ってやってるからな。

夕食の買い物に出かけ帰りに遊んでるはずの娘を見に小学校の横を通りました。暑いのにドッジボールしてました。昨日も真っ黒に日焼けして帰ってきました。男女入り乱れてドッジボール、いいなぁ私もドッジが大好きだった。いっぱいいっぱい楽しんで!!

休みは二日続かないと休んだ気がしないけどたまには平日のど真ん中休んで見るのもいいね。明日も仕事…行ってみようかな、気乗りしないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

先にシャワーかよっ!

朝起きて、シャワーを浴びる。髪をドライヤーで乾かし、セット、ワックスでキメル。そして制汗スプレーは忘れない・・・。

まさか私のことではないです。中2になる長男の朝の光景。ま、その後に昨日の夜に出し忘れたお弁当箱洗ったり、魔法瓶洗ったりしてますケド(ちゃんとブラシ使ってマス)。

この朝の光景が蒸し暑い明け方ならわかるんですが、今はまださほど熱帯夜でもなく・・・ましてや今朝は野球の朝練の日でも同じ。今から汗かくのになんで朝にシャワー!?

「昨日の残り湯にして!水道代・ガス代もったいないから~」

っていうんですが聞こえないふり~。私は朝時間なくて、素顔で会社行くこともたまにあるのに、なんで朝練のあんたが朝シャワーなん。

実は息子、お年頃のわりに親が言うのもなんですがそんなにくさくないんです。部屋はグローブのワックスくさくって、クラブから帰ってきて靴下もくさいけど、頭も体もくさくない。同じ年頃の息子を持つ友達は「うちの息子、くさいで~」って言うけど。ま、汚くてくさい息子よりはおしゃれな息子の方がいいけどさっ。そのエネルギーを勉強に向けてくれ、頼む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

いいものあげよっか

仕事も一段落、さあ帰ろうかと思った時、アクシデントがあり帰りそびれました。おまけにそのアクシデント解決のために明日の代休が出勤に。帰宅後「明日のPTA行事は仕事の都合でいけなくなりました」って学級委員長の方に電話入れて、会社のスタッフと仕事の電話を30分して、疲れは最高潮。お風呂入って寝ようとしたら息子が

「いいものあげよっか~」

どうせ個人懇談のお知らせとか小テストで95点とか、逆にまた(?)学校から呼び出し状か?などと0.1秒位の間にいろんなことが頭をくるくる回る。しかし出てきたものは・・・私がほしがっていたヨガマット。梅雨の晴れ間を思わせるコバルトブルーのヨガマット。ちゃんと持ち運びできるようにマジックテープもついている。

きゃい~ん!(←ちょっと、いや、かなり古い)う、う、うれしい!!

ありがとう!ありがとう!ほんとにありがとう。昨日、息子は当番であるお風呂掃除をなかなかしてくれないから、私は腹たって、息子の足首持ってソファから引きずり下ろしたら、意外にもアキレスに響いて、マジギレしていたのに・・・。それもわざわざスポーツ量販店まで自転車で片道30分かけて行ってくれたのね。暑いのに。ほんまうれしかったよ、ありがとっ!この間の日曜出勤した代休とろうと思ってたけど代休返上で明日、出勤せなあかんようになったけどガンバル。寝る前に暗闇ではだしで洗濯物干してたら、なめくじ踏んづけて死ぬほど気持ち悪かったけど気を取り直してガンバル。うそ、無理しない、無理しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

涙のもみじまんじゅう

娘が修学旅行(広島)から帰ってきて、おみやげは定番のもみじまんじゅう。経済観念がしっかりしている娘は、3,000円持って行って2,000円しか使わなかったそうな。どうやら親のしつけがしっかりしているらしい。

で、買ってきたのはもみじまんじゅう8個いりが1箱、バラ売りが7個、しゃもじが1個、おまけの小さいしゃもじが2個、自分の記念品のストラップが1個、私に広島漬け、以上。これを兄貴、祖父母、おば夫婦に配るというのである。もちろんもみじまんじゅうはバラして配られる。リビングの机の上にはバラのもみじまんじゅうが小さい手提げ袋に入れておいてあった。娘はそれをおじいちゃんおばあちゃんちに持っていこうとしていたようだ。しかし、その日私は日曜出勤で朝から留守。クラブから帰ってきて何も事情を知らないお兄ちゃんは大好物のもみじまんじゅうをぱくぱくと数個食べてしまったのだ。残ったのは2個。

さて、そろそろ仕事を終えて帰宅しようかと考えていた頃、私の携帯が鳴った。

「あんなぁ、お、おにいちゃんが、おばあちゃんとこ持って行こうと思ってたもみじまんじゅうたべちゃったぁああああ。あ”~、あ”~ん・・・・・・」

「2個残ってるんだったら、2個おばあちゃんち持っていけばいいやん。それだけだからっておばあちゃん怒ったりしないよ」と私。

「だったら、私の食べる分がなくなるやんかぁああああ」

真剣に泣いている。真剣に怒っている。あまりの気迫に笑ってしまいました。「わかったよ、帰りに阪神百貨店のアリバイ横丁に行ってもみじまんじゅう買ってきてあげるから…」

アリバイ横丁の店舗は店員さんの高齢化とともに店の数が減り広島県の店はありませんでした。結局阪神百貨店の地下にもみじまんじゅうがあって、8個いり529円。なんと箱に記載されている店の名前は娘が覚えていた宮島に実際あるお店の商品でした。よかったね。

私が帰宅するとおにいちゃんは自分の部屋で寝ていました。「だって(妹が)、うるさいもん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

優しい男には泣かされる!?

お誕生日に娘からバラの花束をもらいました。

そのバラを見ながら娘が言いました「『きれいなバラにはとげがある、優しい男には泣かされる」ってゆうよな~』

「え~、そんなんゆうか~」と私。すると娘が「う~んとな、うちのクラスで言うと・・・○○かなぁ、あいつは女の子ばっかり泣かしてるからなぁ」

いやぁ、泣かすってそういう意味じゃないよ。そんなん覚えんでいいから勉強してくれ。あ、でもバラの花束はうれしかったよ。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

広島は今日も雨だった

昨日までのいい天気はどこへやら朝からえらい雨。そんな雨の中、小6の娘は広島へ修学旅行へ行きました。そういえばお兄ちゃんの修学旅行も雨だったね。

朝は、6時に学校集合。ベランダから登校してくる子ども達が見えるんだけど、男の子でもおかあさんと一緒に学校へ行く子どもが多い。物騒な世の中だから仕方ないのかな。雨の中、大きな荷物は確かにかわいそうな気もするけど、親がかばん持って送って行くのはどうかな~。旅行って期待が膨らむ分、重くなっていくんだよね。でも実際は使わないもの多いし、荷物が重い不便さを肌で感じるのも学習だと思うんだけどなあ。それで今度行くときは必要最小限にしようとか、荷物を小さくまとめる荷物のつめ方工夫したりしていくんじゃないかなあ。ま、うれしかったら荷物重いのも平気だけどサ。

うちは娘がどんなもの持って行ったかさえあまりしらない。イチバン困るのは人に借りられないものだから、それだけは(雨だし靴下とか下着だけは)1枚多めに持っていけとアドバイスしましたが、忠告はそれだけ。旅行用の小さな容器につめかえればいいのにヘアコロンシャンプー(娘いわく『勝負シャンプー』)は大きい200mlをそのまま持って行った。重くても自分で持つから平気だもん!って言いそうなヤツですから。

おにいちゃんのお弁当を作って出発時間にはバスを見送りに行きました。バスが出る頃には雨も激しくなってきてバスの窓は子ども達の熱気で曇っていました。明日は晴れるといいね。

さて、今夜は残業。8時頃自宅に電話すると息子が「おかあさん、家に○○子(妹のこと)がいないで~」。おにいちゃん、本気で心配ならもっと早く電話して来いよっ。雨の中、自転車で走って電信柱にぶつかって血を流して救急車で運ばれてたかもしれないでしょっ!!(って、信じられないようなこんなことが3年前実際起こったんです・・・)

1泊2日なので明日の夕方には、娘は帰ってきます。「もう帰ってくるのん?はやっ!」←息子。いいじゃん、おかあさんはうるさいけどにぎやかな方がやっぱりいいよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

ちょっぴりうれしかったコト

朝は忙しい。朝はバスに乗りそびれそうになって信号無視しちゃうことも多い。次のバスまで15分も間隔があるので1本乗り遅れると命取り(なわけないけど)。わたしんちのバス停近くの信号は車と人の分離式信号なので、車が東西に走り、次に車が南北に走り、それからようやく人が東西南北に渡るようになる。私は北から南に信号を渡り目的のバス停に向かいたいのだが、乗りたいバスは東から西に走っている。つまり目の前をバスが走り去るのを赤信号のために見送らなければならない場合も多い。通り過ぎるバスの運転手さんをすがるような目で見つめるのだが通じない場合もある(; ;)

ところが今朝、みんな赤信号の前で歩行者がかしこく止まっている。信号無視する人はいない。なぜ?

横で幼稚園の送迎バスが止まっていて、かわいい園児たちが送迎バスの窓からじーっと見ていたから。…朝からなんだかほっこりした1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

おいしい水

「水、おいしい!」と子ども達が言う。

最近、デトックスに関心があって、自分の中だけで「水を1日2リットル飲もうキャンペーン実施中」である。一時は、「六甲のおいしい水」をスーパーの特価で安く買ったりしていたのだが、車がないので自転車に6本入りケースを積むのが精一杯。1ケース6本あっても飲むだけで家族みんなで飲むと1日1本ではとっても追いつかない。大きいスーパーでは最近無料で水をくれるが、あれを大量に持ってバスに乗る腕力はない。おいしい水を飲むのにそんなしんどいことはしたくない。たかが水じゃん、されど水・・・。私はおいしい水でごはんも炊きたかったし、コーヒーも飲みたかったのだ。

そこでまた情報収集開始。好きな「通販生活」にはシーワンの浄水器がいいと載っていたが高い!6万円は高すぎる~。もちろんカートリッジもいるし。そこで、目をつけたのが最近よく見かける「ブリタ」。蛇口からは出ないけど、安くて水もたっぷり使えそう。いくつか調べて東急ハンズのオンラインショップで「ブリタクール1.25リットル」カートリッジ2本付で2,480円+送料525円を早速購入。

カートリッジは4人家族で2ヶ月はもつらしい。おそらく1日4、5リットルは使ってると思う。麦茶沸かしたり、お味噌汁作ったりするときも使うから。氷ももちろんこのお水。これから味わう梅ジュースもぜひこのお水で飲みたいな。常温でも十分おいしい。最近じゃ、味にうるさい子ども達も冷たい麦茶より「我が家のおいしい水」なのだ。これを飲みだすとたとえ1本100円以下でも自販機で水を買う気にはなれないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅シロップその後

月曜日に漬けた梅シロップ。翌日にはもう50代の肌のように(なぜ50代かというと私が40代だから)。青々していた色もオリーブ色になり・・・。そして今日で4日目ですが、もうすっかり80歳って感じ。しわくちゃです。その分梅のエキスが出てるんですね。梅さんありがとう。もう少しがんばってしわくちゃになってください。大切に飲みますから。

氷砂糖はまだ底に残っていますが、1辺が5ミリ位の小さな粒になっています。毎晩混ぜていますがリカーを入れたせいかあまり泡立っていません。もちろんカビも生えていません。

今年は1キロ分作ったけど、ガラス容器が大きいので2キロでもよかったかも。今度は梅サワー、漬けようかなあ。

今晩は、ホットプレートで石焼風ビビンパを作りました。太もやしでナムル(さっとゆでたもやしに塩とごま油とラー油をからめる)を作り、ゆでたほうれん草とゆでて千切りにしたにんじん、油いためした高菜、牛ミンチは焼肉のたれとキムチのもとを混ぜて炒めました。熱したホットプレートのごま油をたらしそこへあったかいご飯を入れてさっと混ぜ、下ごしらえした野菜や肉をのせ、卵を割り入れてかき混ぜて出来上がり。たくさんでわいわい言いながら食べるとおいしいね。今までホットプレートでは作ったことなかった。ホットプレートでこげめのついたご飯がおいしかったです。下ごしらえさえしておけば短時間で作れるのがいいですね。もやしを豆もやしではなく普通のもやしにしたのはその方がうち子ども達がよく食べるからです。あと、大根の千切りやお酢をベースにした調味料をあえると料理レシピに書いてあったけど省かせていただきました。あしからず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

ねむい~

息子が臨海から帰ってきた。

私が帰宅すると案の定、リビングのソファで寝ている。妹も自分のベッドで寝ている。私だって眠たいわ。こっちは仕事から帰ってきて座るまもなく晩御飯作ってるのにさ~。

「晩御飯できたよ」と起こしても、のそーっと起きて来て、目をつぶったままご飯を食べている。ようやく口をきいた。

「これ、味ない!」

今夜のメインディッシュは、「チキンステーキのチーズ焼きガーリック添え」でしたが、ごめん、塩コショウ忘れてた。いいじゃん、チーズかかってるし。

息子がその夜、話したのはその一言だけでした・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

梅シロップ漬けました

例年は梅酒なのですが、あまり飲む機会がないので今年は子ども達の好きな梅シロップを漬けることにしました。まずはインターネットでイチバン簡単そうな方法を探し、材料購入。まだ少し残っていた梅酒をペットボトルにあけてガラス容器をきれいに洗浄。きれいに乾かして一度ホワイトリカーで消毒。梅はきれいに洗いおへそのような部分のへたを取りきれいに水気を拭きます。凍らせてからつける方法もあるのですがそうすると細胞がつぶれちゃうらしいのでこの方法はやめました。

氷砂糖と梅を層のように重ねて入れ、最後に発酵して泡が出ないようにホワイトリカーを150CC入れました。お酢(米酢)でもいいそうなのですが、昨年の残ったリカーがあったので使っちゃいました。子どもたち、酔っぱらったらごめんね~。

調べると、3週間ぐらいでできあがるらしいけど、出来上がったあと、煮沸してガーゼでこすらしい。あー、でもめんどくさそう。冷蔵庫で保存するなら煮沸しなくてもよさそう。

漬けた日の夕方、もう下の方は梅の色が変わってました。毎日、混ぜた方がいいらしい。水気が残ってたり、梅が直接空気に触れると、カビができるらしいです。翌朝はもう、ほとんどの梅が変色していて、最初に入れたリカーの量より2倍ぐらいになっている。梅の果汁が出てきたみたい。梅は少ししわができてきたみたい。人の肌年齢なら28歳くらいでしょうか。これからどんどんしわくちゃになっちゃうんですよね~。温かく見守っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

お兄ちゃんの臨海準備

住んでいる中学の臨海は、泉南郡岬町。明日は朝7時前に出発する。臨海は水着やらバスタオルやらでやたら荷物が多い。小学校の時と違うのは、髪をセットするワックスが入っていることだ。

朝からリビングで荷物の準備開始。途中、体育館シューズの袋が破れているので裁縫箱を取り出し自分でちくちく縫っていた。息子の通っている中学で自分で繕い物をする男子はおそらく息子だけではないだろうか!?結構マメなのね。昨日、TVで見た「世界がもし100人の村だったら」のせいかな。後ほど作品を拝見したら・・・(* *)言葉がない。そんな私を見て、

「なんも言わんといて!!何も聞きたくない!!」と息子。

何も言わないよ。自分でやったんだから。エライエライ。

お兄ちゃんが準備しているのを見て妹も準備し始めた。え、え~っ、娘の修学旅行は半月先である。準備してるときってイチバン楽しいよね。

さて、準備がほぼ終わった夜7時半頃、息子の友達から電話が・・・。息子は母に何も聞かずに「え~今から?あかんと思う」と答えていました。こんな時間からの電話・・・きっとなんかよからぬ誘惑だなぁと直感。何の誘いかもわからないまま受話器を持った息子の横で「あかん、あかん!」と母は大声で叫んでいました。ナント、前日なのに友達の家に泊まりに行こうという誘惑の電話だったらしい。しかしながらワクワク前夜祭ということで友達同士で騒ぐんでしょうか?きっと本番で眠くてたまらんと思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

恐るべしDNA

我が家では「おかあさん、お茶!」と言っても「おかあさんはお茶ちゃうで~」って切り返されて、お茶は出てこない・・・という話を以前書きましたが。

テレビの音声が大きかったので(このパソコンはリビングにあるため)、「テレビ、小さくして」と娘に言うと「テレビは小さくならへんで」と言われてしまいました。

先日も私が「昔、小さかったとき、よく友達をからかって泣かしたわ~」って言ったら娘は「ひど~。でも私もからかって泣かしたことあるよ」と言われました。さすが親子。恐るべし。そういえば、娘は最近メガネをかけましたが私も同じく小学校6年生の時メガネをかけました。体質まで似てる娘はこの春、花粉症デビュー。かわいそう。そこまで似なくていいのに。

涙もろいところも、結構大胆なくせに人に気を使うところも、人にプレゼントして喜ぶところも、困ってる人見ると放っておけないところも、感情が高ぶると自分をなかなか抑えきれないところとか、意地っ張りなところとか、負けず嫌いなところとか、瞬発力あるけど持続力ないところとか・・・そっくり。顔まで似てるし。息子が小さい頃、私の古いモノクロ写真見て、「あっ、○○子や」と叫んだくらい。息子はパパ似なんですが、なぜか娘と息子は「そっくり!」と言われる。これは私とパパが似てるということか!? (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

自分のことは自分で

お弁当箱、また、お兄ちゃん出してない。

我が家では母が食器洗いする時間にお弁当箱が流しに出していないと、翌日のお昼ごはんは自腹でパンとなる。それが周知徹底されているので、さほど文句言わなくても自分で洗ってくれる。

今朝も朝からお弁当箱を洗っていました。よしよし。

「自分のことは自分で」が我が家のルール。できないことは助けてもらう。ただし、自分のことが自分でできない人は、助けてもらった人に文句を言わないこと。用事をしている人に用事を頼まないこと。他にもルールあります・・・。ご飯を残したら、デザートはない。母が買ってきたもの、及び生活必需品ではなく嗜好品・・・というか別になくても困らないものは自腹で自分の好みのものを買うこと。友達と遊びに行くときは半額は自分で出すこと。ゲームで使う電池は単3、1本につき50円。そうするとだらだらゲームはしなくなります。月ぎめでやらないといけない勉強(チャレンジやZ会など)は月末までにしないと翌月のお小遣いは出すまでもらえない。ただし繰越はできない・・・など。

子どもが小学校のうちに(力で抑え込める間に)こんな細かいルール決めとくといいですよね。ちなみに我が家では基本的にお手伝いをしてもお金にはなりません。やって当たり前だから。気持ちよく過ごしていくためには誰かが動かないといけないから。ただし、牛乳パック切りだけは1本につき5円です(^ ^)

出したらしまう。脱いだら洗濯機へ。たたんだ洗濯物は自分で引き出しにしまう。みなさん、今日もお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »