« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

血圧計の意味

仕事で、K市県民局へ。ホンマここの担当者、腹立つ。書類の申請で何度足を運んだことか。初めてここを訪れたとき、ここの1Fロビーになんで自動血圧計があるのかわからなかった。

しかーしっ!! 何度も足を運んでいると、担当者と話をしていると頭に血が上っていくのがわかる。ようし、血圧測ってみるか。

するとなんと、上が138、下が100。フツーは上が100あるかないかの時もあるというのに。そうか、そうか、だから血圧計があったのか。誰が置いたのか。置くように要望があったのか。謎めいた血圧計…。

| | コメント (0)

2007年1月22日 (月)

神様、仏様。

神様っているんでしょうか?私は無宗教ですが、先日「神様のしわざだ~」って思える素敵なことがありました。

大事な申請書類を再提出するため、書類の手直しを超大急ぎでやり終え、さて役所だから5時までにいざ持参!と勇んで事務所を出ました。駅の自動改札、いつものようにJスルーカードを入れて改札を通り過ぎようとしたところ…なぜかJスルーカードが出てくるのが遅くてうまくカードが取れなかった(私が急いでいて歩くスピードが早すぎたのかもしれない)。私は思わず立ち止まり振り向いてカードを取りました。その瞬間体勢が変わったせいか、なぜかかばんの中を覗き込み…するとまたなぜか覗き込んだ瞬間に「あれ!?書類足りないのではないか」っと思いました。確認するとやはり足りませんでした。改札に入ったとたん、本当になぜあの時かばんの中を見たのかよく分かりません。

一旦改札を出て事務所に戻りまた改札を通り抜けました。今度はいつも通りスムーズに通過することができました。前日遅くまで書類作成していたからかな。ちゃんと神様?仏様?が見てくれてて「おいおい、忘れモンあるで」と教えてくれたような気がしました。

| | コメント (1)

2007年1月21日 (日)

またヨガってます

昨年の4月から始めたヨガ。一度、パワーヨガに浮気したもののまたフツーのヨガに戻り、今回で3期目。先週行った時、先生が変わっていて少し淋しかった。先週も遅刻し、今週も土曜出勤しているスタッフと電話でやりとりしている間にまた遅刻。「先生も変わったしもうやすんじゃおうかっな~」とくじける心を奮い起こし行ってみると…元の先生に戻っているではないですか。よかったよかった。生活のリズムがまだヨガってませんが春は近いし!?冬眠から目覚めた熊のようにのそのそ活動します。しんどくてもやはり体を動かすと気持ちいい~。

あ、でも遅刻したから今週の先生が臨時なのか先週の先生が臨時なのか事情がまだわかりません…。

| | コメント (0)

2007年1月20日 (土)

うれしい手紙

木曜日、おなかが痛くて痛くて…それでも残業11,時までがんばって仕事してヘロヘロで帰宅。家に帰っても何にもできない。それでも着替えてお風呂入って歯を磨いて寝た。子ども二人で分担して食器洗いをしてくれた。

おなかも痛いし、軽い吐き気もする。もちろん食欲もない。うんうんうなりながら寝ていると枕元に置いた携帯に手紙が挟まっている。

「お母さんへ 自分がだいじょうぶと思っても少しつかれたなと思ったら休むこと!! 自分を大事に!! M子」

手紙は心にしみいりますね。

| | コメント (1)

2007年1月17日 (水)

時間よとまれ

中華の合わせ調味料のコマーシャルで、とんねるずのノリさんが「44歳」ってテロップが出てくる。それを見ていた息子が「おかあさん何歳やったっけ?」

「えっ(実はノリさんとおない年)…」と絶句し気絶するフリ。

「ふ~ん、オレの中で42歳くらいで止まってるわ」

止まっとけ、止まっとけ。永遠に止まっとけ!!

息子も3歳くらいで止まっといてくれたらいつまでもかわいいのに。いまだに我が家の留守録応答メッセージは3歳頃の息子の声です。電話番号ご存知の方は聞いてみてください。

| | コメント (3)

2007年1月16日 (火)

なぐさめてよ。

んもう!!って1日、帰宅していやされるのは相変わらず子どもとの他愛のないやりとり。今晩もいやされたかったのに、お風呂で娘に話しかけると、いつもは長風呂なのに今日は早々と「もう、寝るわぁ」とあがろうと娘。

「え、え、え~っ!おしゃべりしたかったのになぁ、ほんとにしたかったのになぁ(…と泣きまねする母)」

「やっぱり今日は寝るわ。また明日ね」とさっさとお風呂から上がってしまった。そして母は取り残された。

う~ひどい。今夜は「いっぱいだけビールつきあって~」と言ったけどふられて帰ってきたのだ。くすん、くすん。お風呂から上がると娘からの手紙が。

『ゴメンネ…↓↓あした、い~ぱいおはなし、しようね!今日はおやすみなさ~い! M子 >o<』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

失せモノ…パート2

なんで私の前から黙って姿を消したの?時計さん。そう言えば思い当たる節が…。バーゲンセールまっさかりの今週月曜日、ちらりと時計売り場をのぞいてしまったのだ。そろそろ新しい時計ほしいなぁなんてちらりと思ってしまって。これって、既婚者の男性がふとすれ違った魅力的な女性に思わず振り返ってしまった…みたいな現象。ほんの出来心なんですってば。

確かにあの時なくした時計をしていた。そして彼(なぜか男性!?)は翌日私の前から姿を消したのだ。

…なんて先ほど反省した後、さっき真剣に10分ほど探したら…出てきたんですね、ありえないところから。普段、しまいこむはずのない電話台の引き出しの中から。やはり時計さんは私の浮気心を察したんですね。ごめんなさい、反省してます。だからいつまでも一緒に暮らそう。よかった、私の生活が荒れる前に出てきてくれて。

ちゃん、ちゃん!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

失せモノ…

大事な時計をなくしました。9日に出勤したときつけていたはずなので会社ではずして持ち帰るのを忘れたか、家ではずしていつもの場所以外に置いて忘れたか…。おそらく後者だと思うけど。

う~ん、探しても探しても出てこない。そうしているうちに昔の話を思い出しました。高校生の時、お気に入りの傘をなくしむちゃくちゃ落ち込んでいた私に、翌日彼が傘をプレゼントしてくれた思い出です。なくした傘の模様やもらった傘の模様までよく覚えています。駅で傘を手すりにかけて話し込んでいて「じゃあねぇ」と別れ電車に乗ろうとした瞬間、傘を持っていたことを思い出ししゃべりこんでいた場所まで走って戻ったんだけどすでになかった…。高校生ですからブランドものでもなくたかだか1,000円か2,000円の傘なんですが、なぜか大好きだったんですね。不注意でなくした自分への自己嫌悪もあいまって、非常に落ち込んだわけです。そしてタイミングよく傘のプレゼントが…。なんて素敵な彼でしょう。本当にうれしかったです。一生ついて行きたい、当時は真剣に思ってました(*^^*)

そんな話はさておき、時計や~い、早く出てきてください~!!

今年初詣のおみくじは小吉で「失せモノは…」なんだったっけ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

痛いトコ

冬休みが終わり新学期が始まった。久々のお弁当。息子も久々でリズムが狂ったのか、母が夕食の洗い物をする前にお弁当箱を台所の流しに持ってくる…のを忘れていた。

私が洗い物をしていると「素振り行って来るわ」と息子。「ふーん、もうやることやったの?」「お風呂洗ったし…やったわ」「ふーん」「ふーんって!? じゃ行ってくる」「行ってらっしゃ~い」

そして帰宅後。「さ、お弁当箱洗ってよ。洗わなかったら自腹でパン代!」「え、え、え~!!」

以前にも書いたがそれが我が家の暗黙のルール。金曜日は母が疲れてくるので1週間に一度はパンの日。中学校にパン屋が来るので500円持って出かける。たまに木曜日の夜、お弁当箱を出さなかったら、金曜日はパンの日なので息子はお弁当を洗わない。洗わなくても500円もらえるからだ。かくしてお弁当箱はキッチンでじっと洗ってもらえるのを待っている。それが土曜日、日曜日になることも。真夏ならば母はもう我慢比べの境地。開けたらくさいやろな~と思いつつ、ここで母が洗ったら負け…と、洗わずに我慢する。

私が布団に入り寝ようとしていると息子がすりよって来る。「なああ~、お弁当箱洗ってえあ」「いや~だよ、自腹、自腹」(^^)

「ちぇっ、オレが買ったったヨガマット使ってないやんな~」

くそぅ、痛いトコついてきよる(^^;)負けるもんか。

そして息子は根負けし、がちゃがちゃお弁当箱を洗い始めたのでありました。ちなみにヨガは今週土曜日から復活します。また毎晩やらないとな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

子育てと仕事

残業は年明けも続いているが、12月の比ではない。ただ、子どもがおなかをすかせて待っていると思うと、30分の残業でも電車1本でも早くバス1本でも早く帰りたい。昔、保育所のお迎えが6時半までだった時、どれだけつらい思いをしたか…。定時が近づくとイライラする。何時の電車に乗れるか、この電車に乗ると何時のバスに乗れるか、今晩のおかずは、冷蔵庫に何があって何を買い足して、明日のお弁当のおかずの組み合わせは、朝のパンと牛乳はどれだけ残ってたっけ…。

最近、日経新聞の夕刊にワーキングマザーの話が多く載っている。早朝残業を認めてほしい、子どもがいると残業できず認めてもらえなくてつらい、子どもが発熱したとき子どもの体調より誰に預けるか考えている自分に自己嫌悪を感じる、でも子育てのストレスを仕事で発散し仕事のストレスは子どもで癒される…などの記事。わかるわかる。よ~くわかる。お迎え間に合わず保育所に電話したら「ゆっくり気をつけてお迎えに来てください」と言われどれだけうれしかったか。いつもいつもイチバン最後まで保育所に残ってる娘と小1なのに暗くなっても1人でTV見ながら留守番している息子。鍵を閉めずに留守番してるし、ピンポンとチャイム鳴ると誰かも確かめずすぐに開けるし。家の中にいても危険はいっぱい。そんなこと考えたら、お迎えいく電車やバスの中で走りたくなったことがたびたび。

8時過ぎて最寄り駅に着いてタクシーに乗る…。バス10分が待てない…。今では残業しても残業手当つかないのに、タクシー乗って、家に帰ってすぐに食べられるお惣菜を買って帰って…超遅く帰った時にはおみやげ(ケーキとか)買って帰った日には、赤字赤字の大赤字。冷静に考えたらあほらしい話だけど、子どもの顔を見てしょーむないボケとツッコミの掛け合いをしていると本当に癒される。子どもの笑顔見ながら晩御飯を一緒に食べてると、どんなごちそう1人で食べてるより時よりおいいしいんだもん。明日こそ、6時に帰るぞぉっ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

がんばらない

日曜日の夜は昔から落ち着かない。特に夕暮れ時。なんだか淋しく不安になる。昨日の夜もそうだった。3連休で休んだせいか。確かに5日金曜日は出勤したものの本格的な出勤は祝日明けの今日9日からとなる。珍しく夜なかなか寝付けず最後に時計を見たのは夜中2時だった。明け方も目覚まし時計が鳴る前に目が覚めた。目が覚めたけどまだ暗かった。

昔、母から日曜日の夜には必ず「さ、明日から1週間が始まる!!」とはっぱをかけられた。気合を入れられたのかもしれない。母にはさりげない一言だったのかもしれないが毎週毎週聞かされてはや○十年。いまだに日曜日には聞かされる。聞くたびにぞっとする。「がんばって!!」という言葉にも過剰に反応してしまう。「がんばらないって!!」とどなってしまうこともある。「がんばって!!」と言われなくてもがんばってしまうのだ。いまさらがんばってと言われてこれ以上どうがんばるのか。「私はがんばらない。がんばらない…」と自分に言い聞かせる。それでもたまに昨日のように眠れない夜が来る。あ~あ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

まだ正月気分?

年末年始、特に遠出もせず過ごしました。一昨年、同じ市内で引越しして昨年の年賀状には「引越ししました」と書いたのですが、住所変更されていない人がいて「年賀状帰って来た~」とメールが届きました。メールしてくれる人はいいのですが、そうでない人もいたような…。年賀状はお互い筆まめだといつまでも続きますね。幼稚園や小学校からずっと続いている人もいるし、昔の職場の外注さんや、昔、ボランティアで勉強を見ていた子(今はすっかり大人)や…。親戚を含めて年賀状だけって人も結構います。最近は手紙も書かなくなったし、暑中見舞いも書かないし。昔は筆まめでしたが、ほんま筆不精しています。

手紙は、いつまでも残しておけるし、メールと違って味わいがあって、ホントいいですよね。それがたとえチラシのきれはしでも。昔、子どもがまだ保育所行ってる頃、娘からもらった手紙、今でも大事に持っています。「おかあさん、きのうはおこらせてごめんね」

もうこんな手紙見たら泣きます…(T T)

それともうひとつ、落ち込んだときには必ず読む手紙があります。昔、大好きだった先生につけてもらった通知簿のコメント。先生に通知簿を書いてもらう…と言ってももう私は社会人というか…先生をしていた頃の話。その先生は、サングラスに長髪。二日酔いで遅刻してくるような先生で今ならタイヘンな話だけど、当時はなぜか保護者にも子どもにも人気ある先生でした。授業中にギター弾いたり、畑で植えた大根をお漬物にして給食の時間に持ってきてくれたり、校内で拾ったぎんなんを炒って食べさせてくれたり。いつもはへらへらしているのに、職員会議ではただ1人校長に意見したり。そういえば、子ども相手にゲームやリレーで勝負するとき絶対に手抜きしない先生で子どもといつも真向勝負してた。そんな先生に私が「コメントの書き方がわからないから私のコメントを書いて」って頼んで書いてもらった手紙。今でも読むと勇気が出ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

あけおめ。

なんとか仕事は無事28日午前中で終わり、午後からは有給出して帰っちゃいました~。でも大晦日も出勤して少し仕事しますた。

その後、大晦日のデパ地下戦争に参戦、今年はおせちを予約しなかったのでその分いろいろ好きなもの買って帰りました。K平の好きな照り焼き用ブリ、私の好きな生ゆば、ザワークラウト、M子の好きな鯛の子煮、煮たこ、きんとん用のさつまいも、みんなの好きないくら、明太子、くるみの佃煮、ゆず大根のお漬物。今年は頂き物のハム類がたくさんあって楽しみ。あとはサーモン、鴨ロース、千枚漬け、かまぼこ…。

おせちらしいおせちはおばあちゃんちでいただくことにして、私は食べたいものだけ用意しました。そういえば年末忙しすぎて、大掃除はもちろん終わっていないし、年賀状も30日の夜中に完成し、お年玉用のお金を用意する時間もなかったです。とほほ。

昨年はほんまに充実した1年でしたなあ。いろいろチャレンジした年でした。2月終わりから保育士の試験勉強を始め、4月からヨガにはまり、ノート型パソコンを買ってADSLを始めたのを機にGWにブログ始めて、デジカメにはまり、8月初めに保育士の国家試験受験、秋には異動で業務内容が大きく変わり…どんどん忙しくなりヨガは家でやらなくなってしまいました。ヨガマット買ってくれた息子、ごめんよ。また復活するからね。今は先日並んで買ったウォークマンが気に入っています。

受験勉強があったので「本断ち」していたので、今年は8月3日解禁になってから読み始めました。時間があいたせいか、忙しくなったせいか、ミステリーからファンタジーに流れてしまいまして、「手紙」で号泣し、「椿山課長の7日間」「地下鉄にのって」…と、最後は「3丁目の夕日」のDVDでまたまた泣いてしまいました。12月はかなり心が弱っていたのでしょう。「手紙」は息子も読んでいましたが、息子なりに心に残った1冊になったようでした。いずれも家族を描いているストーリーで、なんだか長年私の心にくすぶっていたわだかまりが溶けたような。あまり過去に縛られてないで今を前向きに生きればいいかなあと思えるきっかけになりました。血のつながりってやはり切っても切っても切れない、何物にも変えがたいものなんですね。それゆえ縛られ苦しめられて、でもいつかまた家族に戻っていくのかなあ、なんちゃって。

では今年もよろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »