« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月27日 (土)

バタバタママ

昨日の朝、「今日のべランダの前工事は9時からで」と階下の住人から電話が入って。ま、明日は文化祭でどうせ早く起きなきゃあかんしま、いっか。と思っていたのですが、いざ工事の人が来てベランダに行ってガサガサ始めたけど30分たってもなかなか終わらない。「あの~何時までかかるんですか?」と聞くと「もう今日全部やっちゃいます。奥さん午後からでかけはるんですよね」…そ、確かに土曜日の都合聞かれたときはそう答えたけど、こちらは土曜日はなぜか用事が立て込んでてて10時くらいから銀行行って、あそこに行ってあそこに行ってからあそこに行って…と12時までの予定を立てていたんです。

くそ~。2時間もかかるのか。でももう工事始めちゃってるし。切り替えて夕方から友達来るし掃除でもするか…。と始めたものの、2時間も掃除かかるわけないし。結局見たくもないテレビをだらだら見てしまいました。

「終わりました~」と説明を聞いていると、携帯が鳴ってハイツの管理会社からの電話が…。「○○の管理会社の○○ですが…」「今、ベランダの修理に来てもらって説明受けてるところなんですが、そのことですか?」「いえ、ではまた…」

ベランダ工事の人が帰ると早速予定の行動開始。帰宅したのが12時半。写真を中学に持っていく約束は1時半。1人さびしく昼食を食べて、文化祭をやってる中学へ。写真を渡してお金を受け取るんだけど、一度にたくさん来るからしっちゃかめっちゃか。金額は前もってお知らせしていたので「袋に入れておつりのないように」ってあらかじめお願いしていたのにも関わらず1,000円札持ってくる子。お金持って来ない子。袋には入れてあるけど名前書いてないとか。約束の時間に来ないおかあさん…。でも他のおかあさんがてきぱきとお手伝いしてくれて結果ほとんど無事に渡し終わり…ほっと一息。帰宅して少し横になろうかな~と思ったけど友達が来る時間まで1時間もなく起きていたら今度は湯沸かし器の点検の人が来た。点検後「もう、設置してから15年ほど経っていますので末期的です、付け替えの工事が必要」と説明を受けていると電話が鳴って4時に来る予定の友達が「子ども(2歳)がまだ昼寝から起きないねん」とのこと。そのうちウチの子どもがあいついで帰って来て結局寝そびれてしまったという1日なのでした。

結局友達は夕方5時になっても子どもが起きず、今日はこれなくなってしまいました。

そうそう。管理会社の電話は賃貸契約の契約更新が7月末だったのを忘れていて書類を本日発送します、つきましては事務手数料として10,500円支払えっちゅう電話でした。忘れるくらいの仕事に手数料なんかいるんかいって文句のひとつも言いたくなった私。

ひまな日はホンマ、ヒマなのになんで今日はこんなにバタバタだったんだろ~。

| | コメント (0)

2007年10月26日 (金)

残業そして夜なべ

また仕事が立て込んできました。緊急なモノが目白押しでアップアップです。でも適度に忙しくないとツライ性格なので貧乏ヒマなしなのかも。

今夜はちょっぴり残業して、自宅に帰りつみれ鍋。食べ終わったのが9時。食器洗いもせずに焼き増した野球関係の写真を個別に整理して、請求金額書き出して、メールで連絡していたら12時になってしましました…。土日文化祭なのでその時にできるだけおかあさんに手渡ししたかったからガンバッテ整理しました。

総額は1万円を超えるので息子に受け渡しさせるのは負担が重いと判断しました。土曜日は文化祭見学&写真の受け渡し&おかあさんがたとの井戸端会議を楽しみに出かけてきます。ホンマは仕事行かないとあかんかもって思ってる気になることあるのですが…ここはズバッと割り切ってしまいましょうか。夕方は、最近熱いお湯の出なくなってきた湯沸かし器の点検と、友達がジュニア布団の引き取りに来てくれるので(捨てようかと思ってたら引き取り手がみつかったので)自宅待機。お楽しみの昼寝できるかな。

| | コメント (1)

2007年10月16日 (火)

偶然って。

昨年、小6の娘の担任の陰謀で、PTA委員を引き受けてしまった私。断る気でいたのですが直接話した委員長さんのお人柄に引かれて「できる範囲で…」とお受けしました。基本、来る仕事は来るべきして私のところに舞い込んで来たのだから…と考えて。さすがに3学期は仕事が超ハードで参加できないことが多くて心苦しかったですが、委員長さんとの出会いは貴重なものでした。

そして、今年の夏、昨年手作り味噌教室でできたお味噌を届けていただいたことをきっかけにまた委員長さんとメールで時々やりとりするようになりました。その委員長さんの家は教会でご主人は牧師さん。そして先日、日曜礼拝の講演のお知らせを委員長さんからお聞きしてびっくり。

なんと、講師は私の大学のゼミの先生なのでした。その先生は精神科医で、初めてゼミを担当された第1期生が私たち。だから特に印象に残っている学生なのでしょう。年賀状のやり取りはありましたが、今の仕事の関係で、私は昨年11月頃久々にお会いしに今の職場である大学まで押しかけて行ったこともありました。いつも先生は温かい笑顔と大きな心で向かい入れてくださり私は今まで何度か救われてきました。特効薬…というよりあとでじんわり効いてくる漢方薬のようなそんな先生のお言葉、アドバイス。私はクリスチャンではないけれど今回のその講演のご案内を委員長さんからもらえたのも何かのご縁、お引き合わせなのかなぁって思います。と言うのも最近仕事で落ち込むことが多くて何かと行き詰ってて。そんな時でしたから、講演のお知らせは本当にその偶然に驚いたのでした。

でも実はその講演のお知らせを聞いた数日後の今日、先生が入院され講演が中止(延期?)されたとお聞きしがっくりきている私です。でも、「神様、どうか先生が1日も早く回復されますように」。

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »