« 英語重症 | トップページ | 今年もサンタが… »

2007年12月24日 (月)

M-1かぁ。

12月はやっぱりM-1。今年は息子が「塾やからリアルタイムで見れない~」と泣く泣く塾に行ったのでDVDにとって帰って来てから一緒に見ました。1人で見たら、息子が見ている横で「優勝したのはなぁ…」って言いそうやったから。

12月に入ってから昨年のM-1を見て復習(?)して、本番の直前特集番組を見て予習してから本番見ました。

順番って大事なんですね。「笑い飯」昔は個性的過ぎて好きじゃなかったけど、最近好き。どこまでいくねんってボケが。これでもかこれでもかってたたみかけるようなボケが。ほんまはすごく照れ屋なんだろうなって西田。汚いイメージしかなかったけど。くじ運が悪かったな~。かわいそう。ロボットもよかったけど、去年の「カタギリオダギリ…」のほうが個人的には好き。何回でも見たい。彼らには無冠の…という代名詞がぴったり。王者にならずこのままイチビリのままいてほしい。

「ポイズンガールバンド」は、去年衝撃的でした。それも出番は1番目。じわじわくる面白さ。一度見たら忘れられない、気持ち悪いけどやはり2回見ても笑える。鳥取県と島根県を敵に回したけど。「千鳥」も以前は好きじゃなかった。面白いとおもわなかったし。でも今回見ていて「息の長い、いい漫才師」になる予感がしました。

個人的には、今年最後の「トータルテンボス」と6年ぶり復活の「キングコング」が好きだったし優勝して欲しかった。ただ、練習量から来る自信のせいか、この2組「優勝したい」気持ちがプンプン感じられて見ていて少しひきました。勢いあまってって感じでしょうか。やはり「ハリセンボン」と「サンドイッチマン」は無欲の勝利なのかな。いつもどおりの感じで落ち着いてて見てて安心できました。

決勝の3組はさすがの実力。甲乙つけがたかった。ただ「サンドイッチマン」の新鮮さと謙虚な漫才が受けたのかも。ボケっぷりが、どうなるんだろうって思わせたから。来年はブレイクするには少し地味かな。でも「イエス!高洲クリニック」「テクニシャンを呼べ」はおもしろかった。

M-1制作者へ一言。盛り上がってる時、審査員の表情写すのは止めて欲しい。ネタの緊張感が途切れる。特に今回「トータルテンボス」はかわいそうでした。サイババで終わっていたらいいのにって思えて。

|

« 英語重症 | トップページ | 今年もサンタが… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英語重症 | トップページ | 今年もサンタが… »