« そして今夜もひとつの出会いが。 | トップページ | 入学式で… »

2008年4月 8日 (火)

子ども災難、親多難

入学式を控えた息子が自転車で事故った。

歩道を自転車で走っていておばさんをよけようとしてカーブミラーに激突、自分の体は自転車前方に投げ出されたらしい。幸いたいした怪我はなかったが(たぶん…)自転車はハンドルと前輪の真ん中あたりがひしゃげてペダルがこげないほどゆがんでしまった。修理代は15,000円くらいかかるらしい。まだ買って半年くらいしか経っていないというのに。あ~おしゃかだ、24,400円の出費。

娘も小学校の時、自転車で電信柱に激突。救急車で運ばれ、頭蓋骨の目の上あたりにひびが入って、即「絶対安静!!」で入院したことが…shock

ほんま子どもって時々想像できないことをしてくれる。この土日は子どもに振り回された…sad

娘は娘で先日買ってもらったスニーカーが気に入らず返品したいと言い出した。理由は「クラブの先輩と同じだから」。リサーチが足りないんでしょ。「先輩たくさんいるんだから、買う前に全部書き出してこい!!」って怒鳴ってangryしまった。オーダーメイドで作ってるわけじゃないんだからそんなん、言い出したらキリないと思うんだけど。そりゃわかるよ、気に入らん誰かと同じで「私のまねしたんとちがうのぉ」みたいな目で見られたら…。でもさ、そこで「気にしない~っと」って右から左へ受け流すとか、「まねしたんとちがうもん」って開き直れる強さとか、「ま、いっか~」って気持ちに折り合いをつけられるそんな広い心を持ってほしい。自分もそうだったからわかるんだけど、なんで自分がそこまでこだわるかわからんくらい今の娘はとんがりすぎてて、この先きっと苦労するだろうなぁって経験談から心配する母でした。

|

« そして今夜もひとつの出会いが。 | トップページ | 入学式で… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そして今夜もひとつの出会いが。 | トップページ | 入学式で… »