« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月25日 (水)

寝ぼけていても正気!?

高1の息子は、毎日野球部の練習でクタクタ。夕食後は決まってリビングのソファで寝てしまう。一旦寝るとなかなか起きない。

娘と今月の予定についてしゃべっていたら「うん…」と寝言で返事。おもろいので「お母さんのこと好き?」って話すと「…うん…」とまたまた寝言。

でも「早く起きてお風呂入って!!」と何度叫んでも起きない。そこで必殺ささやき攻撃。

「起きないと、チューしちゃうよheart01

すると息子はむっくり起き上がってさっさとお風呂に向かったのでした…(ショックsweat02

| | コメント (0)

2008年6月22日 (日)

偶然と必然

教会へ行ってきました。と言っても私は無宗教です、はい。大学のゼミの先生が講演をされると聞いて行ってきました。

なぜこの講演に行けたかというと不思議なご縁を感じます。この教会の牧師の奥さんが、私が一昨年に不良PTA役員をしていた時の委員会の委員長。私はその委員長の人柄に魅かれてつい役員を引き受けるはめになってしまったんですが…。

時々その委員長が教会の行事に誘ってくださって、その時知ったのがH先生の講演。実は昨年秋に予定されていたんだけど直前に先生が入院されて中止。そしてようやく実現。

テーマは「豊かな子育てのための12章」。先生は精神科医でなかでも青少年の心のケアが専門。今日の話の中で特に心に残ったのは「人生は偶然と必然の合作」という言葉。

心の中に求めているものがあって、そこへ偶然の出会いが用意されて、心に残る出会いがある…ということ。出会いは人との出会いだけではなく、心に残る言葉であったり、匂いや、風景や、食べ物や…。なるほどね。同じ経験をしていても心に残るかどうかは人によってそれぞれですもの。会いたいと思っていたから会えたんですね、大事なもの、大事な人に。

いつもこの先生には、人生迷っている時に再会します。不思議です。

| | コメント (0)

2008年6月15日 (日)

ゆるい頭が…

自転車で走っていてブレーキをかけ止まろうとした時、バランスを崩した。「あ~倒れるぅ」と思った瞬間に「手、足をついちゃだめ!!」と天の声!?

そうして私は手足を出すことなくコンクリートに頭をついた。手でなく。

イッタァ!!wobbly

「だいじょうぶですか?」と近くにいたおばさんが心配して声をかけてくれたが、なんで頭をつくんや~って自分に突っ込みを入れつつ、恥ずかしかった私は「だ、だいじょうぶです…coldsweats01」と倒れた自転車を起こした。

なぜ、天の声が聞こえたかと言うと、おそらく、以前自転車で転倒した際、足の骨を骨折した苦い思い出が瞬時によみがえったと思われる。

その後は吐き気催すことなく大事には至らなかったが、当日と翌日頭が痛かったので翌々日、脳外科で検査を受け「異常なし」と聞いてひと安心(ただ、撮影したCTスキャン、脳みそスカスカだったけど怖くて聞けなかった…)。

地震や火事の時、しょうむないもんを持って逃げてしまうとかって聞いたことあるけど、人間パニックになると、何をするかわからないんですね。

先日、「おまえ、頭ゆるいんちゃうかって思うときあるわ」と言われた頭がさらにゆるんだ気がします。

| | コメント (1)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »