« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月30日 (月)

猪名川亭風鈴 第1回独演会!!

先々週階段から落ちたかと思ったら、今日はぎっくり腰…。

土曜日午前中耳鼻科に行った時は症状が全くなく「大丈夫です」なんて言ってたのに、午後から急に花粉症がひどくなり、右鼻から息を吸うとくしゃみが止まらなくなった。なぜだろう、急にキタ。ひのきかな。全然大丈夫じゃないじゃない。

日曜日は両親を落語みゅーじあむにお招きして「猪名川亭風鈴 初めての独演会」を企画していたのに。日曜日、目が覚めても症状は昨日と変わらない。もうやめよか…、万全じゃない体調でいいかげんなことしても…でも楽しみにしてるし、いつでもできると言いながら今日を逃すと今度いつ機会がめぐってくるかわからんし。

と、言うわけで「花粉症ひどいケドやっぱりやるわ」って力強く電話で宣言した後、掃除機かけてたら急に腰をくじいたようになった。何か急に重い荷物を持ったわけでもないし、腰をひねったわけではないのにweep

さっき「やっぱりやる」…と言ったばかりなのに、その後すぐ中止というわけでもいかないので決行しました。ホントは土曜日、こんなに花粉症ひどくなってなかったら練習するつもりだったんですよね。今日日曜日だって…でもぎっくり腰になるなんて想定外。見事十分な練習もできず、ぶっつけ本番。

両親は一生懸命聞きすぎてるせいか、笑わない。ここ笑うとこってとこでも笑わない。でも、いいんだ、笑わそうとしなくてもいいんだって…この間読んだ本に書いてあったじゃないか「落語家はなぜ落語を忘れないか?」BY柳家花緑。

入門コースの発表会が3月7日に終わり…4月4日から中級コース始まるのでその間に、両親に見せておきたかった。いつでもすぐなんでも見に来たがる両親が入門コース発表会を見に来なかったから。前から言ってたけど忘れていたのか、行けなかったのか。やや認知症気味の両親はサゲ(オチ)もわからなかったようだ。5分前にしゃべったこと忘れるんだもんな。そりゃわからなくても仕方ない。ゆっくりめにしゃべってたけどな・・・さすがに「猪買い」する時は早口やったかもしれん。ずっとそのテンポで練習してたから、いまさらゆっくりしゃべれないんだな~。

年老いた両親を見るとつらいね、でもそれが現実。認知症とわかっていても身内だから腹たつし。

独演会なんとかやり終え帰り道の寒かったこと、寒かったこと。寒いし、荷物は重いし、腰はどんどん痛くなるし。その他いろいろ考えるところあって帰り道はかなりへこんでました。

家に着くと池田市広報がポスティングされていて、そこになんと「猪名川亭風鈴」の写真が大きく掲載されてました。ちょっと癒されました。

| | コメント (0)

2009年3月17日 (火)

落ちたてのとれとれ

本日ランチタイム、会社の階段降りていると…落ちた。何段目からだったか、たぶん5,6段は落ちたと思う。最後床で右後頭部を強打したのは覚えてる。手のつきようがなかったsweat02

すぐに立てたけどやっぱり頭はコワイので会社近くの済生会に二足歩行で行きました。受付の看護師さんに事情を説明するとすぐに脳神経外科外来に電話してくれたんだけどもうすでにドクターは帰ったあと。次に救急外来に電話してくれて話してくれた。「今、打ったとこらしいです」って。うどんやそばやないねんからsweat01

救急も混んでたらしくだいぶん待たされたけど、頭部と頸部のCTスキャン取ってまた待たされて、結局異常なしで帰りました。12時過ぎに病院来て出てきたのは2時半。頭打っても腹は減る…遅めのランチ、おそば食べに行きました。

会社戻って仕事したのですが…だんだんカラダのアチコチが痛くなってきた。最後に後頭部打ったから「どこを打ちましたか?」って聞かれて「後頭部です」と答えたけどイチバン痛いのは右側頭部だということに病院を出る時気づいた。そしてトイレに入って座る時、臀部打っていることにも気づいた。肩も打っている。手もすりむいている。青たんはひじくらいだけど(顔じゃなくてヨカッタ、女優だから)。

吐き気はしないけど、頭が気持ち悪い。打ったとこが気持ち悪いのか中身が痛いのかわからん。湯豆腐の鍋持ってダッシュしたあとの鍋のよう。ま、ほんとに脳みそそんなもんだよね。

実は今日、大好きな落語聞きに行こうと思って朝早くからカレー炊いて、自転車で駅まで行ってたのに。こんなことになるとは。とほほcrying実は会社に階段落ちるの2回目…。

| | コメント (0)

2009年3月15日 (日)

今さら朝ドラ「ちりとてちん」

今さらである。NHKの朝ドラ「ちりとてちん」を見て落語に興味を持った彼女がわれら落語みゅーじあむ入門コースの奨励賞を受賞した。彼女はたぶんうちのクラスでイチバン練習してたんやないかな。その努力が報われ、また将来性を買われての受賞だったと思う。もちろん実力は言わずもがな…。

さて、なんで今さらなのかというと最近よく行く和食巧房「ちりとてちん」でお借りしたDVDを見てはまってしまった。福井弁は私の好きな金沢のイントネーションに少し似てるし。大好きな落語のエピソードがちりばめられていて、落語を知ってるからこそ楽しめるところもある。師匠の向かいの居酒屋「寝床」も四草さんが働いていた中華料理「延陽伯」も落語のネタ。「宿替え」「くっしゃみ講釈」のエピソードも出てくるし。まだまだ見逃してるんやろうなぁ。

草々くんがかっこいい。でも好きな人に想われないのもつらいよな~。今日見たのは最初の3分の1だけなので恋の行方が楽しみです。でも楽しいだけではなくて…何度も泣きました。九官鳥が崇徳院しゃべり始めるところ、小草若が帰ってくるところ、草若が高座似復帰するrところ…。弟子3人とも魅力的です。和久井映見はがんばってるけど若すぎるな。おばあちゃんの江波杏子は色っぽすぎ。悪い人が出てこないのがいかにもNHK。

| | コメント (0)

2009年3月14日 (土)

コドモ一喜一憂

金曜日、ヘビーな1週間を終えヘロヘロになって帰宅途中、息子からメール。

「晩ご飯食べて帰る」「デート?」「ま、そんなもん」でっすってhappy02

娘は塾だし、息子はいないし。「美人母、1人で晩ご飯、淋しいやん」ってメール。

帰ると真っ暗な部屋に鍵を開けて入る。さびしっ。いつも子どもたちはこんな感じで鍵を開けてるのか…。

そして時間かけてビール飲みながら晩ご飯作ってると、まず息子が帰宅。「はい」と手渡されたのはプリンと杏仁豆腐とチーズケーキ。「どうしたん?」

「だって淋しいって言ったから」→感激heart02

そんな優しい息子もキレル時がある。風邪を引いた妹に何度言ってもマスクをしないとケリを入れた。妹は「風邪じゃない、お兄ちゃんがマスクしたらいいやん」「そのマスクはいや」とかわけのわからないことを言って泣き叫ぶ。これ以上妹がさからうときっとお兄ちゃんはもっとキレルと判断して私はわけわからん娘に延々と禅問答を繰り返した…crying

たぶん娘は「なんでお母さんはお兄ちゃんの味方するねん!」って思ってるやろうなぁ。これは娘を守るためってわからんやろうなぁsweat02

| | コメント (0)

2009年3月12日 (木)

真っ白に燃え尽きました…Part4

あっという間に自分の落語は終わり…脱力。

どこで自分の落語が受けたかとか、どんな掛け声がかかってたかとか全く覚えてない。その代わり(?)どこでかみしも間違えたかとか、どこでレロレロになったかとか、どこで詰まったかとか…そんなことばかり覚えている。

今日の落語会の模様はDVDになって後日1,000円で購入するのだけど、見たくないよなsweat02

さて、すべての演目が終わり、みんなの落語家名が発表されました。

私は「猪名川亭風鈴」。なんで風鈴なのかいまだにわからない。前もって自分でプロフィールを書いて桂三枝師匠に手渡され桂三枝師匠がつけてくださるとのことだが…(内心、ほんまかいな、実は黒○田さんがつけてたりしてcoldsweats01)。

「落語をしようと思ったきっかけ」に「和風なものに憧れる」「この年になりわびさびのある趣味にチャレンジしてみたかった」などと書いたような気がする。実はもっともっといろいろ書いたのだけど。書きすぎて窒息されたのかもしれない。

中学2年のクラスメートFさん。高校時代のクラスメートは夙川から来てくれたSさん、会社で一緒のTさんは箕面から、一昨年東京都庁で会って以来のメル友Yさんは市内から、そして朝から着物の着付けを手伝ってくれた一番上の姉貴、体調を崩している姉の代わりに(?)来てくれた姉貴の旦那さん、姪っ子。そして中級コースのTさん。残念ながらお越しいただけなかった繁昌亭中級コースのKさん、来てくれるって半年前から約束していたのにも関わらず来てくれなかった(いや来たくても来れなかった?)Kさん、遠くから応援してくれてありがとう。本当にありがとうございました。皆さんの声援に答えらるような落語ができたかなぁ。

たかが素人落語。でもイロイロ悩んで、どっちから猪が出てくるかとか、鉄砲はどうやって撃つかとか、小拍子打ったあとしゃべり出す微妙な間合いとか、時にはスランプに陥ったり…、仲間とあーでもないこーでもないと議論したり。練習後のビールのうまいことうまいこと。打ち上げのビールもおいしかったですっ。みんな、みんな、ありがとう。ほんま楽しかったですhappy02heart04

| | コメント (2)

2009年3月10日 (火)

真っ白に燃え尽きました…Part3

さあていよいよ、お茶子さんが私を呼びに来た。なんか死刑囚のよう。ぞうりを脱いで階段を昇り高座に上がる。こけたらあかんと言い聞かせる。

そして座布団に座って自己紹介。…のはずがしゃべり始めて名前を言っていないことに気づいた。自己紹介するなら2週間前に言ってくれたらいいのに。

最初が肝心。昨日の最後の練習でもすっ飛ばしてた部分。まあまあの出だし。昨日考えたアドリブもまあまあ入った。猪もさんもなんとかクリア。さていよいよ山の頂上へ。あ、上手と下手をいきなり間違う。先日師匠に言われたテンポをしっかりしなくちゃ。アドリブは控えた(控えたらあとで責められた「なんで言わなかったん!?)。ま、しゃーない、いっぱいいっぱい、余裕なかったんですってばsweat01

そしていよいよ六太夫さんが鉄砲を撃つシーン。あれっ、太鼓が鳴らない(そうやっ、今まで太鼓叩いていた師匠がもう帰ったんやわっ)、瞬時に小拍子を叩く。

でもしっかり動揺しリズムが狂った。最後の最後でレロレロになる。でもなんとか真っ白にならずにすんだ。

舞台の袖で出番を待ってる時「もし、私が真っ白になったら助けてほしいから袖にいて」と頼んだら、私の前のKさんが自分の出番が終わってるのに帰らずに袖で見ていてくれた。すだれの向こうに見えてました。心強かった。どこでネタを分けるかあんなにもめたのに、リレー落語もええもんやと思う。チームK、最高ですっhappy01heart01(そして、まだ話は続くのであった)

| | コメント (0)

2009年3月 8日 (日)

真っ白に燃え尽きました…Part2

トップバッターは、私が心の師匠と尊敬するMさん。初めはお客さんもどこか緊張されていてカタイ空気の中、さすがはMさん、やってくれました。マクラも見事でお客さんの空気も和み笑いを取っておられました。この大役はMさんでしかできなかったと未だに思います。

さて、その後仲間が次々と「牛ほめ」「猪買い」それぞれの話を2人ないし3人でリレーしていくのですが…みんなのを全部見たい気持ちとちょっと練習してこようかなとか考えたりで、半分くらいしか見れませんでした。

残念だったのは枝三郎師匠が途中で帰ってしまわれたこと。後で聞くと私の話の前まではおられたとか。残念でした。

さていよいよ自分たち最後の「猪買い」です。本日3回目の「猪買い」です。3人で「猪買い」を分けてリレーして話をつないで行きます。

スタッフが「そろそろ出番ですので」と声をかけてこられて、私らチームK(3人)は控え室に向かいます。その時私らのチームKのトップバッターKさんがマクラであとの2人をいじると言ったので2番バッターこれまたKさんが猛反対。いじられると話の後を引き継ぐ自分が真っ白になるかもしれんということで。2週間前、話の設定自身を変更してその後に話を引き継ぐ私をイチバン陥れようとしていた彼が猛反対。私はもう土壇場なんで「好きにしていいよ~」って言ってたんですが。実は彼発表会の直前に設定変えたりアドリブ入れすぎて?話が混乱してしまっていたみたいで直前にスランプになってたんです。

結局心優しいトップバッターKさんは、マクラを半分にしてくれました。それでもテンポよく笑いをとってくれて、最高のスタートを切ってくれました。以前、職場で1回公演しているだけに緊張している様子もなくほんとによかったです。

さて、2番バッターKさん。あれほど緊張していたのに彼ならではアドリブがあちこちに。お客さんも身内も笑う話の展開。途中、牛を引いたお百姓さんが牛追い唄を歌うところがあるのですが…なんと突然歌い始めてびっくり。これは習った台本にもない唄で、1週間前のお稽古では「オンチやからゼッタイ歌いまへん」と断言していたのに…です。私は控え室のすだれ越しでしか聞けずあまり一生懸命聞くと自分の話が飛んでも困るので心半分でしか聞けなかったけど、ホントによかった。

あっという間に自分の番。控え室にお茶子さん(名ビラをめくるかわいい女性)が呼びに来てくれていざ出陣。

続きを書きたいところなのですが…午後から寄席に出かけます。それまでに片付けないといけない家事があるので続きは後日…。

| | コメント (0)

真っ白に燃え尽きました…Part1

落語みゅーじあむ入門コース落語発表会が無事終了しました!!

前日7時間の会議で帰宅が11時。よれよれで帰ってきていつものようにお風呂で練習しようと思ったけど声が出ない。もう話す気力すらない。何も考えられない。

それでもカラダを温めて一回やってはみたものの最初からすっとばしてしまい…真っ青。

「ひええ~っ、今までの練習はなんやってん!!」ってくらいびっくりしましたけど…とにかく1回は通してお風呂から上がり、お布団に入ったのが1時半。

ところが本番当日、朝7時落語仲間にメールで起こされる。あ、でももう少し寝かせて。8時に再び起きて着物着ていざ出発。

控え室のみんなの緊張ぶりはすごかったです。いつもは冷静な人まで顔が変わってる…。緊張している人を見ると余計緊張してくるんですね。そしていよいよ私の出番が近づき、控え室へ…。

あ~でもあまりに眠いのでこの続きはまた明日。すんまへん。

| | コメント (0)

2009年3月 1日 (日)

とは言え今週は落語漬け

ついに落語発表会が近づいてきました。

さすがの私もドキドキです。毎日毎日(落語)しゃべらないと落ち着きません。

所詮、「わたいらしろうと」開き直って自分が楽しまなきゃ…と思うのですが。当日自分がどれだけパニくるか、開き直れるか予想がつきません。

今まで数々の修羅場、いや土壇場、いや緊張の場はあったけど、あかんなぁ。昨日も練習の時、手ぬぐい持つ手が震えてたもんなぁ。高座に上がれば一人きり。誰か~助けて!!って言いたくなる時ありますから。

よーし、練習、練習、また練習。

| | コメント (1)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »