« 最近、おいしかったモノ | トップページ | またきたか Part2 »

2009年6月16日 (火)

またきたか。

高校の体育祭が今週金曜日にある…らしい。

その1週間前の13日。息子が生地をばさっと置く。「縫って」

応援合戦の衣装である。ズボン、ベスト、そしてTシャツの襟ぐりを切って縫って、袖口にはチェックのキレを縫い付けて折り返す。黄色のサテンのネクタイを縫い付ける。ズボンのすそにはゴムを入れて、剣が交差しているアップリケを右側に縫い付ける。腰には銀スパン?なんのこっちゃ。布が足りん。説明書を読んでもわからない。型紙もない。

落語仲間にこぼすと「縫ったげる!!」と手をあげてくれたSさん。ありがとーcrying 彼女は何と裁縫のプロ。そしてウクレレの講師、ハワイアンバンドのボーカル、覗きからくりの語りもこなし、最近では三味線にもチャレンジ。落語は古典はもちろん創作にも意欲的。まさにスーパー姉さん。私は人生の先輩として心の師匠と呼ばせていただいている。また助けてもらった。姉さんありがとうごさいます。

しかし、私は今日昼休み、高校に電話しました。「こんなに保護者に負担かける衣装はおかしいです。子どもらが自分たちでできる範囲で自分たちの手で作るべきです。自分らでできないような複雑に凝った衣装を親に作らせて5分か10分踊るだけ。親が何時間もかけて作るのはおかしい!!」

担任は「男の子でも家庭科で習ってますからね。作れないことはないんです」とかほざいてました。センセ作れんのか。9時に帰ってきて晩御飯作って、お皿洗ってから作れるのか。作ってからお風呂入って寝て朝5時半に起きてお弁当作れんのか、センセsign02

これだけ抗議してんだからなんか手を打ってくれよ、報告するようにお願いしました。どんな話し合いがされてどんな提案があるのか見届けたいと思います。

|

« 最近、おいしかったモノ | トップページ | またきたか Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近、おいしかったモノ | トップページ | またきたか Part2 »