« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月28日 (土)

米朝はん?ほんまかいな

12月6日(日)朝6時半から、フジテレビ系列で米朝師匠の「一文笛」の放映があります。http://www.ktv.co.jp/yose/index.html

番組紹介のHPでは昔の録画ではなさそうなんですが…ほんまに生きた(いや、生きてるってばsweat01)、いえ最近の米朝師匠なのでしょうか?だとしたらその高座、ナマで聞きたかったなぁ。だって私が来年挑戦したい「一文笛」だから…happy01 

「一文笛」は米朝師匠の創作なのです。でもムツカシイんです。どかんどかん笑いが来るネタではない…。でもやりたいなぁ、スリの話。

改めまして、米朝さん、文化勲章おめでとうございますshine。私たちにすばらしい落語をありがとうございました。落語に出会い、素人ながら落語という日本の伝統芸能の大きな流れのひとしずくになれたことをうれしく思っています。

って言うか私、今日から新しいネタに取り組むことを誓いますsign03ってなんの宣言やねん。はい、「月moon1に群雲cloud(むらくも)」です。発表会までに間に合うのでしょうか???(それは私の努力次第ですね)

で、次か、次の次くらい(…いやいつか…にしとこっsweat01)「一文笛」…できたらなぁ。

| | コメント (6)

汗だくで。

終わりました~、初めての宴会へのお呼ばれ。

例の着替えるトコ行ったら、スゴイ行列できていて…30~40分待ちと言われ、ちょっとあせりました。でも着替えるだけならスグに入れました。ヨカッタ。

着替えるだけなら30分もかからないので、あと30分以上どうしようかと思いましたが落ち着かないのでそこを出ました。

宴会会場にはイチバン乗りでしたnote

で、落語の方は…まぁなんとか先週の伝楽亭に出させていただいた経験を生かし、落ち着いてできました。始まったのは20時回ってましたから…聞いている方々はおなか空いているだろうなぁって思いましたが、途中で開き直りました。とにかく自分のために…って。どれだけ自己チューなんや。そうしたら落ち着いてできました。いい間違いしてもうまくごまかせたり。やはりお客様との距離が近く、視線が泳いでいる気がしました。それでは聞いている方々も落ち着かないでしょう…。フリも中途半端に小さかったし…sweat02

明日お稽古なので、さすがに新地の二次会は遠慮いたしまして(ほんまにめっちゃ眠かったので)、絹馬さんと一緒にいつもの「ちりとてちん」に行きビール飲んで帰りました。狸の賽、最後(予定)のお稽古に行かなくては。

| | コメント (4)

2009年11月27日 (金)

本日の高座

お知らせしても仕方ないのですが…

本日27日金曜日20時より、北新地で、某クリニックの忘年会にて落語します。仕事終わってからJR大阪駅で近くで着物に着替えてから行きます。着替えられるとこ、探せばあるんですねぇ。http://www.westjr.co.jp/grbiz/newbiz/angelbe/index.html
ハーブティも飲めて1時間300円。お稽古もやらせてもらえないですかね。

さてそんな話はさておき…
仕事(本業)終わってから着物に着替えて落語するのも初めてなら…お酒の席にお招きいただいたのも初めてです。皆様のご忠告通りお酒が入る前にやらせてくださいとお願いしました。おそらく高座はないでしょうから、お客様との視線は同じ高さなのでしょう。
(ここで、落語みゅーじあむ2Fのお稽古で鍛えられた視線との戦いが役に立つわけですね…sweat01

私はいいんですが…お客様はおいしいお酒&ごちそうの前で、私の落語を聞きながら宴が始まるのを待っていただくわけですから申し訳なくて…いえ、腹の虫も笑わすような落語せんとあきませんね。がんばれ私happy01

伝楽亭で前後不覚、真っ白になってしまった私ですけど、あれから毎晩お風呂でお稽古し、通勤電車では毎日イメージトレーニングをし…何とかがんばってまいりました。

来月は2席高座が控えておりますので、弾みになるような高座に仕上がっていればと思います。ここで失敗したら立ち直られまへん。

「私は日本一の社会人(美人)落語家sign03」と暗示かけて、座布団に座ります…。皆様、20時ごろ、お仏壇の前で、聖書の前で、お稲荷さんの前で…風鈴が落ち着いてできるようお祈りくださいましcoldsweats01

| | コメント (8)

2009年11月21日 (土)

10回のお稽古より1回の高座

…そう思います。本日の第2回伝楽亭出演。前回に引き続きネタおろしさせていただきました。伝楽亭に足を運んでくださっているお客様にはタイヘン失礼なのですが…ネタおろしは伝楽亭と目標定めてなんとか自分を奮い立たせてお稽古していました。

それでもまだまだです。今日は始まって早々真っ白になり…「もう一度初めからやります」と言ってしまった…happy01

賽を振る仕草がまだできていない…。どうしたらかっこよく見えるか教えてもらいました。やっぱり自分で賽とコップ持ってやらないとあきませんね。急に賽や壷皿が空中から出てきたりするのはおかしいですもんね。

それから、狸のたーちゃんが賽に化けた時にもっとびっくりすること。お客さんのイメージが膨らむように。あとたーちゃんへの語りかけに気をつけることと。

たーちゃんを助けたアホは、アホなのに最初はアホじゃなくて…途中から急にアホになるから最初からアホになるようにとアドバイスをもらいました。文三師匠にも言われました、硬いって。

あと壷皿の持ち方…だんだんぺちゃんこになってたよって言われました。もうそこまで全く気が回ってませんでしたsweat02

あと…、他にお気づきの点あれば、教えてください。

かかしさん、若菜さんありがとうございました。足を運んでくださいました歯光さん、いろはさん、留五郎さん、ありがとうございました。次回、高座に上がる時は今日の失敗を生かしてやれるよう精進します。

| | コメント (18)

思うこと。

い~っつも思う。

「高座なんか上がらなけりゃよかった」

高座に上がる数時間前は、まるでジェットコースター上っていく時間のようで。いつも後悔する。「乗らなきゃよかったぁ、なんで乗ってもうたんやぁああああ」

でも途中で降ろしてくれるはずもなく…。

でもまた乗ってしまう。高座もおんなじで。のど元過ぎればってヤツ。

明日、いや今日伝楽亭。それなのに、それなのに。ああああああああ。

| | コメント (10)

2009年11月19日 (木)

また不通過~?

信じられん。

第6回「文楽の夕べ」無料招待1000名sign03に応募して…1000人なんだから、まさか当たらないわけわないと腹を…いやタカをくくっていたんですけど、見事、落選しました。091120_07240001_2

一緒に応募したいろはちゃん(もちろん、彼女は事前審査、見事通過し夏の大会に出場)は見事当たったというのに。

な、なんで~sign02 私が文楽好きだと知っての仕打ちかいっ。いや申込みフォームに「文楽を見たことがありますか?」そんなアンケートはなかったぞ。じゃなんで?このブログでも確かPRしたはず。それがいけなかったのか…。いや猪名川亭風鈴では応募していない。

ふ~ん、いいもんねぇ。22日国立文楽劇場「芦屋道満大内鑑」に行くもんねぇ。この間、天皇陛下もごらんになったらしいです…。

ちぇっannoy 

| | コメント (8)

決定!! 第1回猪山寄席。

めんどくさいから、「猪山オフィス」のブログから、コピペしちゃおcoldsweats01

と き:平成21年12月19日(土)
    13時    開場
    13時30分 開演
ところ:引札屋(池田駅前商店街) 二階
    入場無料

       演   目

猪名川亭絹馬   池田の猪買い
池田家央志ん   口入屋
五月家 一平   書割盗人
池田家めん道   転失気
        中入り
猪名川亭風鈴   狸の賽
猪名川亭笑寬   替り目
猪名川亭青波   京の茶漬け

猪名川亭と五月家は、代々(と言っても2年目)落語みゅーじあむに伝わる由緒ある屋号です。特に五月家は名人「五月家ちろりさん」がおられて有名。猪名川亭は今年の夏の大会に最多6名も予選に進出している実力派揃いの名門で、ま、看板娘は風鈴ですかねぇbleah(ほたらなんで看板なのにお茶子やねんsign03)。池田家は今年できた屋号です。池田家は真昼間っから夜中まで延々と飲み続けるという「さっぱりわやや」の酔っ払いが多い屋号だそうで…。あと薫風亭って屋号もあるのですが、突然居酒屋で民謡を歌いだすような個性的な方が多いそうです。

え~、それから、この寄席のあと、17:30より池田駅周辺で打ち上げを予定しておりますので、お知らせします。

清く正しい参加コースは「12時から開場準備を手伝い、開口一番からトリまで落語を聞いて、後片付けを手伝い、打ち上げに参加し、『風鈴握手&サイン会』に参加しカンパする」というコースですが、ま、打ち上げだけ参加でも許しましょかね~flair

| | コメント (10)

2009年11月16日 (月)

BBQ in 妙見山

天気はまぁまぁでしたが、寒かったですぅ~。091115_15250001

091115_12320002 091115_12330001 091115_12320001

参加してくれたのは、鮎之助さん、央志んさん、めん道さん、笑寛さん、津軽さん、一平さん、そして私。

落語みゅーじあむ中級コースのメンバーです。その中の部長(と私が勝手に呼んでいます)が、気前よくドドーンっと上等なお肉とソーセージを差し入れしてくださって、みんな飲んだ、飲んだ。食べた、食べた。

部長ったら、「ボクはお見送りだけ」ってホンマにお見送りだけで残念でしたweep 能勢電車の最後部の車両まで乗ってきて差し入れいただきました。あれはホンマ上等なお肉でしたわ~。おいしかったもん~deliciousheart04 ありがとうございましたnote

食べて飲んだ後は、かわらけ投げ。3枚100円の手のひらに乗るくらいのかわらけを的(針金で作った○のカタチ)に向かって投げるのですが…結局誰も入らず。足元で割れたかわらけも2枚ほど…(なんでsign02coldsweats01091115_15060001 

200911151515000帰りの能勢電車の中では、にわかに寄席が始まり…。091115_16130001 

帰りは石橋駅で下車し、開店前の「ちりとてちん」に行って部長の仕事っぷりを冷やかしながら(手書きのおすすめメニューを書いているトコ)…091115_16550001 「ちろり」というお酒を一口いただき(私はもうアレ以上よう飲みませんでしたが…マネージャーはビール片手に「ちろり」を立ち飲みcoldsweats01)帰りました

さあ、次はカニ食べて温泉に入ろうツアーだぁ!!091115_17210001 

| | コメント (14)

2009年11月14日 (土)

グチなんでスルーしてくださいませ。

今日17歳になった高2の息子はそろそろ進路を決める時期。個人懇談だったが、行けませんでした。ちなみに娘の進路説明会にも行けませんでした。

先週今週はほんまに忙しかったんですっsign03 出張、残業、会議…もう、涙ちょちょぎれるくらい忙しかったんです。本来の自分を見失うほどに…。高校の担任は電話で懇談を済ませると言いました。

今日は土曜日。前日に10時半頃にお電話くださいと言ってたのですが私は朝から病院等3つ駆け回り、担任から電話がかかって来たときちょうど帰宅直前で自宅にいませんでした。こちらからかけようにも電話番号わからないし…再び12時頃担任からかかってきたのですがその電話は……でした。約束の時間にいなかったことはもちろん謝りました。でも小さい声でぼそぼそ話されても耳の悪い私(疲れるとさらに聞こえは悪くなる)には聞こえにくくて…「先生、私耳が悪くて聞こえないのですが…」と言ってしまいました。気を悪くされたのでしょうかね。

確かに10科目中5科目欠点とった息子はアホやと思います。クラブしてヘロヘロになって帰ってきて全く勉強していません。息子が帰って来る時間は7時くらい。私が仕事を終えて帰宅するのは早くて8時くらい。私が帰る頃、息子は毎日カップラーメンを食べて寝ています。夕食を作り起こしても眠すぎて夕食食べずにそのまま寝てしまうこともあります。勉強できる環境ではないですよね~。ゆっくり進路のこと話す時間もなかなか…。

特に先週今週は夕食がまともに作れたのは14日間で4,5日と違いますか…weep それでも睡眠時間削ってできる限りお弁当作ったし…sweat02

決められた懇談の日時に行けなくて本当に申し訳ありません、そう申し上げておりますが…ウチの家庭の事情がわからんはずもないやろうし。電話の間、ずっと淡々と話されて笑顔は全くなかったな(電話で笑顔は通じますから)。冗談のひとつ、いたわりの言葉ひとつなんで出ないんかな~。つまんないの。

ちなみ息子が生まれたのは夜の8時50分。妊娠した時、私は風疹の抗体値が高くもしかしたら耳が聞こえないか心臓に障がいのある赤ちゃんが生まれかもしれないからおろした方がいいと言われました。初めての妊娠でしたしおろす気は全くありませんでした。他の大きい病院で何度も検査を続けました。結局箕面市立病院で産むことに決めて、最終の検査を終えてやはり風疹の抗体値は高いままでした。でも元々そういう体質なのかもしれない、大丈夫!!って主治医の先生がおっしゃってくださって勇気が出ました。もちろん障がいがあってもなくても我が子ですからかわいさに変わりはないのですが。

初めての出産は人並みにつわりもあったし、陣痛も苦しかったです。でも生まれて息子に会えて、検査の結果障がいもないことがわかって正直ほっとしました。でもカラダの弱い子でした。すぐに熱は出すし、アトピーはあったし、喘息気味だったし、アレルギー性鼻炎、風邪を引くとすぐに中耳炎。保育所に初めて連れて行った日、息子はのどから血が出るんちゃうか…というくらい泣きました。私も泣きました。慣れるまでに2週間くらいかかった気がします。

私が保育所にお迎えに行くのはいつも一番最後。私は仕事を終えて保育所からよく病院に行ってました。「おなか減ったね」と言いながら病院で長いこと待たされました。今となっては懐かしい思い出だけど、その頃はホントにつらかった。趣味なんかできるわけない。毎日、定刻に出社できるか、お迎えの時間に間に合うように退社できるかどうかの真剣勝負。だから今子育てでイライラしているおかあさん見ると「もう少しだから」って言いたくなる。

子育て中のおかあさん、ガンバッテ。あと10年もすればきっと自分に合う趣味も見つけられていい仲間にめぐり会えるはずだから。最後最近撮ったベストショットを。

091109_10420001

| | コメント (7)

2009年11月13日 (金)

復活~っ!!

さあて、仕事もぼろっぼろながら…ようよう一段落いたしまして、そろそろ復活したいと思います。

風鈴の年内出演日程を新しく決まったものも含めて再度発表しま~すhappy01heart04
あ~、がんばらなきゃね。なんのために? 
もちろん高座のあとのおいしいbeerのためです。

●11月21日(土) 14:00~ 「狸の賽」
  場所:伝楽亭→大阪市旭区今市1-4-34
      地下鉄谷町線千林大宮駅①出口
      
http://blogs.yahoo.co.jp/io_kakashi/4967172.html 
      無謀なネタおろしやります。落語みゅーじあむの絹馬さん
      「天災」、一平さん「書割盗人」と一緒です。

●11月27日(金) 20:00~ 「狸の賽」
                  (↑伝楽亭の出来上がり次第で…)
  場所:北新地のとある割烹
      某クリニックの忘年会にお招きいただいています。
      猪名川亭絹馬さんと一緒です。

●12月12日(土) 17:00~ 「狸の賽」
  場所:スペースギャラリー 草片「草ビラ」
      →大阪市北区南森町2-2-30
      地下鉄谷町線南森町①出口右角2軒目2F
      花の家ケイトウさん(実はフラワーデザイナー、押し花作家)
      が押し花と落語のコラボ展示会&寄席を開催されます。
      展示会は7日(月)~13日(日)で開催されています。
      そこへゲスト出演note栗栖亭いろはさんと一緒です。
      …ということで、ケイトウさん、よろしくお願いします。

●12月19日(土)  たぶん13:00開場、13:30開演 「猪山寄席」
            7人で出演します。私は中トリ後?
            (たぶん)「狸の賽」。
  場所:池田商店街 引札屋2F
      http://www.i3c.jp/hikifuda.html

      阪急池田駅下車、商店街を北へ直進、左手にあります。
      

      
      
      

| | コメント (10)

2009年11月 8日 (日)

フツーの主婦的生活

土日の朝、ゆっくり眠れることは少ない。野球部の息子が朝早く起きて練習やら練習試合に行くから。今朝も朝5時に起きて(息子が)、でも私は今朝は起きれず息子は自分で起きて室内干しで乾かない洗濯物をアイロンかけてました。私は息子が起きて30分くらいようやく起きて、息子をちゃんと(?)見送りました。きれいな二十一夜の月が出ていました。

で、また布団に戻り二度寝。今度は娘が出かける前友達と打ち合わせの電話で起こされたのが10時くらい。そこで思い切って起きた。

起きたらじっとしてられない。思い切ってシーツ、枕カバーをめくって洗濯機へ。昨日着た長襦袢、肌襦袢も一緒に洗濯。布団を干す。

洗面所、台所など水周りの掃除。洗面所に置いてある洗濯機の回りの整理整頓。来週10日は不用品の日だから不用品の整理。ベランダに敷いてある人工芝がボロボロになってきたので不用品として袋にまとめる。ポリペールの中が汚れていたのでお風呂場へ持って行って水洗い。たまったペットボトルのラベルをはがしゴミ箱へ。

土曜日買ったポインセチアとノースポールの植え替え。091108_13300001 終わると、洗濯物干し。終わると冷蔵庫の掃除。先週はあまり食事を作らなかったのでもったいないけど…仕方ない。おかげで冷蔵庫がすごくみはらしがいい。とココまでが午前中の部。ランチ食べたら眠くなってきちゃった。

| | コメント (4)

枝雀さん生誕70年記念落語会。そして…私は誰?

本日、池田市アゼリア小ホールにて、枝雀生誕70年記念落語会でした。前売りの日、お稽古前に着物で並んでゲットしたイチバン前の席。091108_00100001_3

いや~、落語がよかった。

1、桂 紅雀 「七度狐」

2、桂 雀々 「ん回し」

3、桂 雀松 「片棒」

4、桂 南光 「義眼」

―中入り―

5、桂 枝雀 「道具屋」(ビデオ)

6、思い出を語る会 (米朝・南光・雀松・雀々・紅雀)

枝雀さんの会ということもありお弟子さんたちの思いのこもった落語会でした。個人的には雀々さんが好きなのですけど、いつにも増して熱演でした。一緒に落語を聞きにいった友達があまりにも顔の赤い雀々さんを見て「酔っぱらってるんちゃう?」と言ったくらい。それはないですよ…師匠の前で(きっと、空から見て『は、は、は、は、は…』と笑ってはる気がする)。

思い出を語る会では前日6日に84歳のお誕生日を迎えた米朝さんが出てこられたけど、昨年10月の米團治襲名披露公演の時よりさらにお年を召されたかのように思いました。入院されてましたものね。もう見ているだけで、生きた人間国宝拝んだらいいってなもんですが、50代全盛期の米朝さんを毎日のように聞いている私にとっては少しツライものでした。

寄席が終わりホールから出てきてアンケートを箱に入れていると、声をかけられました。
「落語されるんですよね」
(えっ、この人誰かと間違えてはるんかなぁ…私まだ人前で落語したこと1回しかないのに…)
「有名ですよ…」
(それってちろりねーさんのこと!? いや、でも輪郭が違うし(笑)間違えられるはずないか…)
「今度、いつされるんですか?」
「12月19日土曜日、池田市の商店街『引札屋』の2階でやります!!」(と急に大きな声になる…)→みんな来てねwink

「風鈴さん」と声をかけられたわけでなく…やっぱり誰かと間違われたのだろうかcoldsweats01 どう思います、マネジャー?

注)いろはさんのコメントを受けて、新幹線の中で携帯で、枝松→雀松にスグ訂正したんですが、訂正したあとのブログが消えてしまっていることに帰宅後気づき、9日夜消えた部分思い出しながら付け足しました。ですんで、最初のブログと後半若干変更しているとこあるかもです。ご了承くださいませsweat01

| | コメント (11)

2009年11月 5日 (木)

ただ今、大阪に向かっています。

こんばんは。
今、新幹線の中です。昨日、夜8時半頃に埼玉着→お泊まりで、今朝から思い切り仕事して21時東京発の新幹線になんとか間に合いました。

新大阪には23時33分着予定。新大阪で高槻行きに乗らなければ(過去に乗ったことがsweat01)1時前には自宅に着けると思います。

月曜日は朝からまた新宿で今度は日帰りです。もう何が何やらわかりません。

今日は仕事でトークショー、午前の部・午後の部と2回公演してきました。標準語でしゃべっているつもりが…そうではなかったみたいで「私も大阪出身なんですぅ」とあとで話しかけられうれしいやら悲しいやら。

土曜日は2週間ぶりのお稽古で私の中では「狸の賽」は次回で終了予定なんですが…はてさてこの調子で、だいじょうぶか、私!?

あ、そう言えば昨日久々に東野圭吾さんの本、一気読みして新幹線の中で号泣してしまいました。モチロン声出してませんが涙が止まりませんでした。「赤い指」です。

思い切り泣いたらすっとしました。

| | コメント (6)

2009年11月 3日 (火)

文化してきました♪

桃葉さんhttp://yaplog.jp/momoha611/のオススメで(勝手にブログで知っただけですがsweat01)今日は服部の西福寺(豊中市小曽根1-6-38)に行って参りましたhappy01

年に一度、文化の日に重要文化財伊藤若冲(じゃくちゅう)画「仙人掌(さぼてん)群鶏図」の公開があるということで。

阪急服部駅から徒歩15分。小曽根小学校の近くです。寒かったですけど、お天気がよかったので歩いていても気持ちよかったです。見てください、この青空。

駐車場には京都、神戸、三重ののナンバーも。私なんて自宅から1時間弱で来れますが、こんなところにこんなスポットがあるなんて全く知りませんでした。松がきれいで、苔も美しく、お線香の匂いも心落ち着かせてくれました。

091103_14510001 091103_14520001 091103_14520002 

畳の上に座って絵を眺めるのは初めて。1メートルくらい先にはあるのですが、双眼鏡で見ている方もいました。重要文化財もいいのですが私が心引かれたのは「野晒図」。紙本墨画で野ざらし…つまり頭蓋骨の絵。なんかよかったなぁ。やっぱり落語「野ざらし」…「骨つり」の影響かしらん。

091103_15090002_2 親鸞聖人の像がありました。今年見逃した方は残念ですが来年の文化の日までお待ちください。ただし、虫干しを兼ねての公開なのでお天気によっては中止になる場合もあるようです。

| | コメント (10)

OH!! 文楽ぅ~♪

第6回「文楽の夕べ」 参加者募集のお知らせです。

日時:11月25日(水) 18:00~20:30(17:30開場)
場所:大阪厚生年金会館芸術ホール 大阪市西区新町1-14-15
参加費:無料
定員:1000名

プログラム
第1部 対談「文楽の魅力を語る~近松門左衛門を中心に」
      竹本住大夫師(文楽太夫・人間国宝)
      山川静夫氏(エッセイスト・元NHKアナウンサー)

第2部 文楽ミニ公演
     『おさん』二題~「原作」心中天網島・天満紙屋内の段より~
           ~「改作」天網島時雨炬燵・天満紙屋内の段より~
     『錦祥女』~国性爺合戦・楼門の段より~
     太夫:竹本文字久大夫氏、豊竹呂勢大夫氏
     三味線:鶴澤清二郎氏、鶴澤清志郎氏 人形:桐竹勘十郎氏

     座談会 「楽しい文楽鑑賞法」
     竹本文字大夫氏、鶴澤清二郎氏、桐竹勘十郎氏 他

参加希望者は、コチラ↓
http://www.adnet.jp/nikkei/bunraku/

私を文楽に連れてってシリーズ第4弾♪(いつのまにsign02
いろはさんと風鈴をエスコートしてくれる勇気ある殿方、もちろんご婦人方もhappy01heart04大募集中。二人とも開演時間には間に合いませんが…先に行って席取りしてくれる方、老若男女問わず大募集しております。ただし男性は事前審査あり。応募書類は返却しませんのであしからず。また、選考基準についてお問合せに関しては一切お応えできませんのでご了承ください。

みんなで楽しく日本の伝統文芸のよさを味わってみませんか?きっとあなたの人生が豊かになります。きっとあなたの芸に生きてきます。

| | コメント (19)

2009年11月 1日 (日)

大阪青山大学の学祭、行って参りました。

予想に反して朝はええ天気。歩いて大阪青山大学・大阪青山短期大学に行ってきました。
箕面市なのですが山の手にありまして、校門から結構急傾斜を歩きました。
091101_11480001 091101_12340001091101_11540001

①萩之屋茶巾 「池田の牛ほめ」(落語みゅーじあむ初級コース)

②猪名川亭なべや 「犬の目」( 〃 中の上級コース)

③猪名川亭風鈴 「酒の粕」( 〃 中級コース)

― 中入り ―

④池田家大吉 「堀の内」( 〃 中級コース)

⑤愚家小がん 「寄合酒」(青山大学教授)

83歳のなべやさんも歩かれたらしいのですが…私は校舎に着くまでに息が切れました。

場所は4号館5階。控え室に入るとお弁当が用意されていました。緊張のあまりない私はおいしくいただきました。091101_12060001 

開演10分前にすごい雨になり…まだ1名のお客様…。
(え~!? 演者の方が多かったらどうしよう…sweat01

しかし、開演直前に客席はほぼ埋まり開演。まずは開口一番、茶巾さん。まだ落語を始めて半年ながら習い終えたばかりの「牛ほめ」。結構長いんですよね、これ。最初はなかなかやりづらいところですが、要所要所で笑いをとっておられました。

次はなべやさん。高座に上がるだけで貫禄あります。紋の入った羽織も似合ってます。何が起ころうとも動じない(いや、別に何も起こらなかったのですよ)風格ある落語で笑いをとっておられました。

そして私。意外と学生さんが少ないのでマクラを少し変えてスタート。一般向けに。
「学校にお呼ばれするっていうことで、何か役に立つお話ができたら思うたんですが、今すぐできる持ちネタがばくちのネタと酔っ払いのネタなんですよ。先生、かまいませんか?酔っ払いのネタで!?」と先生に確認をとってから始めました。

私の文字時間は15分、でもネタそのものは10分もなかったので、池田の大会の話やちろりさんの話やら、もちろん先週芸能ニュースを賑わしたあぶりの話題をふってから噺に入りました。091101_12400001 

デキは…自分ではわかりませんが…大きい失敗をすることもなく…まぁまぁですか。声も出ていたと思います。ケイトウさん、書き込みしてくださーい!!

さて、自分の出番が終わってほっとしていると名人五月家ちろりさんからメールが。なんとちろりさん、自分もM小での出番があったのに、終わられてから駆けつけてくださいました。ちろりさんにイチバン前で聞いてもらいたかったような、聞いてもらいたくなかったような…。おまけに帰り大雨の中、ご長男の運転で自宅近くまで送っていただきまして。本当にありがとうございました。

さて話は戻り、中入り後は中級コースの同級生、大吉君。この中でイチバン場慣れしているのではないかしらん。ようけ笑いもとってました。

トリは当大学の教授の「寄合酒」。こちらも雰囲気あっておもしろかったです。…てこんなコメントしか書けない自分の批評眼がないことに凹みますが…。

さ~て、次は「狸の賽」の仕上げにかかるぞぉhappy01note

| | コメント (8)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »