« 乾杯。 | トップページ | たまご。 »

2010年3月12日 (金)

十五の夜。

娘が今、PCに向かってる私のところに来てこうつぶやきました。

「なんか不安でたまらなくなる…これからどうなんのかなって。何をしたらいいのかなって。自分に何ができるんかなって。がんばってもあかんことあるし、不安。友達といたら忘れるけど寝る前とか不安になる。勉強好きじゃないし。やりたい勉強は好きやけど」

私は娘を抱きしめてこう言いました。
「○○○の時期ならそう思えて当然。15で自分のこと自信満々なんてヤツはいても1%くらい。そんなん、大きくなっちゃえば弱い弱い。

今の勉強は、これからやりたいこと勉強するための基本やからなぁ。やりたくない勉強もせなあかん。勉強する方法を勉強するための勉強やって思わな。それがわからなくても反復、反復。そのうち自分流の勉強の仕方が身についていく。大事なんは大人になってからどれだけ勉強するかや。

ずっと走り続けることなんてできないって。ここ一番にがんばったらいいねん。がんばってダメだった時、あ~、自分はがんばったなって自分をほめてあげなきゃ。おんなじことが起こった人生でも考え方ひとつで幸せにもなれるし、不幸にもなるよ。『がんばったよな、じゃ次いこ、次』って思えるのか、『あ~、またあかんかった、もうあかんわ』って思うのか。

迷って悩んで…大きくなるんだよ。おかあさんも○○○の頃はそうだったよ。今でこそこんなんだけど。悲しいことやツライこと多いと覚えてたらパンクするから、忘れることにした。そしたら大事なこともすぐに忘れるようになってね(笑)。

だいじょうぶ、だいじょうぶ。○○○はおかあさんの子なんだから。ゼッタイだいじょうぶ。○○○はいつものほほんとしてるけど、繊細なことはわかってるし。やればできる子ってわかってる。大好きや。

言ってくれてありがとう。○○○がおかあさんにそんな気持ち言ってくれただけで○○○は一歩大人になったんやわ。また一緒にどっかいこな。はよ大きくなりぃ、一緒に飲みにいこ」

娘は泣いてました。私は親にこんな弱音吐けませんでした。あんまりね、湿っぽい話をブログで公開するのはどうかと思ってたんですけどね。卒業…そして、十五の夜。盗んだバイクで走り出しましょか。

|

« 乾杯。 | トップページ | たまご。 »

コメント

娘さん、やりたい勉強、好きな勉強があるんやったら、それを一生懸命やったらえぇと思いますよ。
ワタシらが15の頃と違ぉて、今の世の中、先々不安なことも多いけど、でも、間違いなく君たちはもうすぐおとなになる。
そんなとき、何が役に立つかって、なんでもえぇ、一生懸命何か目標に打ち込んだ経験が、きっとあなたの自信をささえると思います。
これだけは絶対に、誰にも負けへんっ!ちゅものを、しっかり身につけてください。
そしたらきっと、あなたのお母さんのよぉな、立派なおとなになる。

盗んだバイクで走り回ってた、おっちゃんがいぅんやから、間違いない(猛爆)。

投稿: よってけし | 2010年3月13日 (土) 00時10分

泣かせるねえ・・・。
自分の15の春を思いだしました。。。
目が点になる母を初めて見たような気がします。

「ちろり」の原点は15の春に芽生えたような気がします。。。

投稿: ちろり | 2010年3月13日 (土) 01時09分

よってけしさん、
説得力あるわぁ。
そうですよね、今はとにかく
がむしゃらにぶつかってくしかない。
そして力尽きたらいつでも
家族が温かく迎えてあげたら
いいですよね。
私こんなえらそうなこと言えるほど
苦労してへんけど
娘を心から愛してる、応援してるって
それだけは声を大にして言えますわ。
それはやっぱりちゃんと声にしないとね。

投稿: 風鈴 | 2010年3月13日 (土) 01時17分

ちろりさん、
「芸能界入るっsign03」って宣言されたんですか?
娘にはすでに宣言されました…coldsweats01

投稿: 風鈴 | 2010年3月13日 (土) 01時18分

十五の夜かぁ。そんなこと考えたこともなかったかも。ただただ漠然と生きていたような気がしますわ。(今でもそうですが・・・)
風鈴おかあさんの大きさ・愛を感じましたわ!
行先もわからぬまま暗い夜の帳の中へですね(笑)

投稿: さんきち | 2010年3月13日 (土) 04時17分

さんきちさん、
いやいや考えてはったと思いますよ。
きっと忘れているだけです。
もしくは…忘れようとしてる?
眠れない夜があったでしょsign02
♪眠れない夜と雨の日には…
(by オフコース)
あれは恋でした…ねcoldsweats01

投稿: 風鈴 | 2010年3月13日 (土) 08時33分

風鈴さんshine
素晴らしいfuji
あんたにはスジがね、いや鉄骨が入っとるdelicious

投稿: マネージャー | 2010年3月13日 (土) 12時13分

♪15の僕には~
誰にも話せない~
悩み~のたねが~あるのです~♪(泣)

なかなかこんなこと、
私が中高生の時は親には言えませんでした。
あのころの自分に、「きっと夢はかなう」と
伝えてやったら、どんなに楽になっただろうと思います。

♪自分とはなにで~
どこへ向かうべきか~
問い続ければ~見えてくる~♪

そういう話を親子でできるなんて、
最高の親子ですね。。。

投稿: ミル | 2010年3月13日 (土) 15時35分

マネージャー、
人を「鉄の女」みたいに…。
鉄骨も老朽化に伴い
もろくなるんですよsweat02

投稿: 風鈴 | 2010年3月13日 (土) 18時28分

ミルさんへ
…ですよねぇ。
私が親に反抗できなかったり
何でも打ち明けることができなかったのは
親が完璧に見えていたせいも
あると思います。
親はアホの方が子どもには
気楽なんじゃないかな。
私なんて、ツッコミどころ満載ですcoldsweats01
だからなんでも言えるのかも。

投稿: 風鈴 | 2010年3月13日 (土) 18時34分

happy01いい母親ですね。さすがです。

親は常に子供の味方であるべきですね。
何でも挑戦したらいいんです。
挑戦した時の失敗は、将来役にたつけど、
挑戦しないで後悔しても取り戻せません。
15歳の娘さんには無限大の可能性があるんだから、
どんどん色んな事にチャレンジしてほしいですね。

投稿: 笑らく | 2010年3月13日 (土) 20時07分

笑らくさん、
何やっても長続きしない子なんです。
だから達成感を実感したことないし、
自分がどこまでがんばれるか見えないから
自信ないんでしょうね。
だから落語もどうなるんだか…coldsweats01
野球一筋(野球バカ)の兄とは対照的。
母はお金出してやって…口出さず
見守るだけですかね。

投稿: 風鈴 | 2010年3月13日 (土) 20時44分

前回に引き続き、心温まる親子愛に満ちたご報告に接し、
感動をいただきました。有難うございます。
素直なお子さんと、的確なアドバイスができる親、そして
何よりもお互いに信頼しあっている姿が、ほんとに素晴
らしいと思います。
これからも試行錯誤の連続でしょうが、一人ではつぶれ
そうになることも、支えあえる人がいるということは、何に
も変え難い力になると思います。
一緒に笑い、時には一緒に泣いて、一歩づつ確実に前
進していってください。
周りの仲間も温かく見守って応援していますよ。

投稿: 史兄草 | 2010年3月13日 (土) 23時32分

史兄草さん
しめっぽい話ばかりでごめんなさい。
そんなエライ親ではないんです。
自己満足も甚だしい。
…そして親ばかです。
うまく子離れしないと…。
…って落語し始めましたcoldsweats01

投稿: 風鈴 | 2010年3月14日 (日) 01時35分

ちょっとほろっとして涙でてきました。
私すっごいお母さんのことが好きなんです。
私の母、15のときに亡くなって・・・それまでは母が喜ぶこと何でもやってたんだけどそれから何やっていいかわからなくなって・・・。
風鈴母さん暖かい。
大丈夫ですって。そんな風鈴母さんがそばにいるだけで。

投稿: わいん | 2010年3月14日 (日) 09時52分

わいんさん、
私も両親を喜ぶこと選んでやってた気がします。
でも私はあたたかくない母ですよcoldsweats01
結構好きなことやってますから。
だから娘は淋しかったんだと思います。
少~し反省しています。

投稿: 風鈴 | 2010年3月14日 (日) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乾杯。 | トップページ | たまご。 »