« 感謝。 | トップページ | 第11回いけだ・春團治まつりのお知らせ »

2010年3月 9日 (火)

祭りのあと。

「燃え尽きたよ…真っ白にな」って明日のジョーかsign02 山Pかsign02 いえ、風鈴です。100308_22050001

ほんま6日は、あんなに長時間緊張した1日はなかった。あんなに高座でリラックスできた日はなかった。あんなに酔っぱらった日はなかった…少なくともここ1年は。

今まで何度も緊張してますけど、朝から長いしなぁ。去年の発表会はリレー落語だったから緊張も今年の3分の1だったような気がします。みんなでやったっていう充実感大きい昨年の発表会。今年はまさしくR-1。高座に上がるのはひとり。note高座では~、誰でもひとり、ひとりきり~(あ、あれは「コートでは~」でしたねsweat01

6日当日は仲間の応援もしたいし、今さらだけど最後にネタくりもしたいし、でも落ち着かないし…でタイヘンでした。美りんさん、鮎の助さんあたりは客席で大笑いする余裕があったのですが、その後は2階に行ったり客席へ行ったり、らじばんだり。13時半から着付けもお願いしていたので…乙女さん、扇麗ちゃん、ゆっくり聞けずごめんなさい。でも笑い声は2階に届いていました。

自分の出番3つ前の央志んさんあたりからは、噺は聞いてはいるもののもうすでに大笑いする余裕がなかった…。央志んさんの「崇徳院」が終わったら控え室に入ろうと思っていたら…予定の時間よりプログラム全体が早くなっていたため…なんと、文三師匠の登場というサプライズがsign03

発表会の3日目、文三師匠に聞いてもらえるだけでもうれしいのに、一席聞けるなんて…。即座にそこは文三ワールド。「動物園」、う~んさすがです。

で、なべやさんの噺が始まる前に控え室に。この時ペットボトルを持って入ってたらよかったんですが、待ち時間が予想以上に長くなってしまい…結局本番まで水分補給ができませんでしたsweat02

そしてなべやさん。なんと80歳を超えていらっしゃる。私はその半分もまだ生きていない(ウソつきましたっhappy02)。う~、さすがだ。文三師匠の後に高座に上がっても全く動じない、堂々とした高座でした。かないません。

そして次に登場のめん道さん。しっかりマクラでは風鈴の名前出してくれちゃって…。でも私はそのとき控え室でマクラをまだ考えてました。実はまだマクラよくまとまってなかったんです。そんな余裕なかったんです。めん道さんありがとう。あの日あのハプニングがなかったら私どうなってたか…(ってここで私に感謝されてもねぇ、めん道さん、どこまでも、ごめんね)。

高座に上がるまでは、お座布団に座ってマクラふってる時までは、ど緊張してました。でも噺に入るとす~っと憑き物がとれたみたいにしゃべれました。ただ口の中はカラカラでしたのでいつもはかまないところでかみました。ぬけてもうた「あほ、ボケ、カス、ラッパ、空気」が。

姉貴の笑い声はよく耳に入ってきましたが、どこでよく受けたのかまでは余裕なくてわかりませんでした。私の好きな「同窓会すなっ」ってとこでは思ってたほど受けなかったなぁって思いました。姉貴と言えば、うちのべっぴんの姉貴ふたり揃って来てくれて、いつものように義兄も来てくれて、母も父も、伯父(母の弟)も来てくれて…もうここで法事ができるんちゃうんってくらい親戚が来てくれました。

いつも親子で来てくれる友達。もう何年も会ってなかった友達。初めて聞いてくれた友達。
「ちりとてちんの会」で初めてご挨拶させていただいたお客様がまた足を運んでくださった。先日の敬老会館で聞いて下さった方のお姿も見られました。
和歌山から紀州街道をでぼちん打ちながら来てくださったさんきちさん(
http://sankichi.at.webry.info/201003/article_4.html)ありがとう。
「ちりとてちんの会」でお会いしたことがきっかけで岡山からも来客が…三ん生さんありがとう。
そして、27日すでに発表会を終えて、応援のためにまた足を運んでくれた仲間たち、ありがとう。仲間の応援は何より心強かったです。

当日、都合で来れなかった友達からも応援メールいっぱいいただきました。本当に心から感謝です。
お忙しい中、小雨の中、自転車こいで来てくださってすてきな着付けして下さったSさんありがとうございました。 「noteウチの自慢は着付けだけっ」(←ウチの自慢はお米だけっの節で歌ってね)。

この日の打上げ&反省会…いつもと酒量は変わらないのに、月曜日から5日間の禁酒のせいか、緊張のための寝不足せいか、急にリラックスしたせいか…よう回ること回ること。すびばせん、1年間で1日くらいめっちゃ回っても許してください(あ、やっぱ『1日だけちゃうやん』ってかhappy02
 

最後になりましたが、文三師匠、1年間本当にありがとうございましたsign03

ほんまは、この記事昨夜UPする予定でしたが、昼間は二日酔い、ようやく立ち直ったと思ったら気が抜けたせいか夕食後おなかの急降下でトイレに篭城してました。あ、もうだいじょうぶ、だいじょうぶ。ご心配なく…。今日からさっそく次のネタ読んでます(ってえらそうに…読んでるだけです、はい)

|

« 感謝。 | トップページ | 第11回いけだ・春團治まつりのお知らせ »

コメント

当日は落ち着いたご様子で、余裕すら感じておりまし
たが、そんなにもご苦労されていたとは気づきません
でした。

でも、積み重ねてこられた精進と、当日の葛藤を乗り
越えた力が、とても綺麗な模様となって見事に高座に
浮き出たんやと思います。

ほんまにお疲れさまでした。

投稿: 史兄草 | 2010年3月 9日 (火) 11時26分

史兄草さん、
そんなお褒めのお言葉、
もったいのう存じます。

あ、いや、そんな…苦労やなんて…sweat01
好きでやっているので苦労でもないのですが
こう見えてガラスの心臓…
極度の上がり症なんで困ったモンです、はい。

投稿: 風鈴 | 2010年3月 9日 (火) 12時12分

お疲れ様でした~!!!

今の思う存分出来たようで、何よりです♪

また話し聞かせてちょ~!

投稿: いろは | 2010年3月 9日 (火) 14時34分

十三の渡しを越えた辺りで、迷子になりかけましたよ!
私も、とても余裕があるとお見受けしたのですが・・・
そらまぁ、緊張しますわなぁ~お疲れ様でした~♪

投稿: さんきち | 2010年3月 9日 (火) 22時48分

さんきちさん、
またまた3月21日(日)に
落語旋風が吹き荒れますよ。
全国から池田市に落語20~30分するために
社会人落語家が集まってきます。
また池田にお運びくださいまし。
近いうちに告知いたしますhappy01note

投稿: 風鈴 | 2010年3月 9日 (火) 23時56分

高座~で~は~、誰でも~ひとり、ひとりきり~♪

いいですね。出囃子に使いたいくらい!

ところで、風鈴さんの扇子は、いわゆる「白扇」ですか?
高座扇ではないの?

噺によって使い分けてるとか?

投稿: ミル | 2010年3月10日 (水) 00時15分

いろはさん、
いろはさんには20日、21日と
高座が続きますね~。
がんばってぇ…って
私も21日はがんばりますぅ。
二人会もせなあかんしねぇ。

投稿: 風鈴 | 2010年3月10日 (水) 07時07分

ミルさん、
さすがっ、目のつけ所が違いますねsign03
昨年から高座扇使ってましたが
「月に群雲」は笑福亭のネタなんで
白扇に変えてみました~happy01heart04
笑福亭でも高座扇使う場合も
あるらしいんですけどね、たいていは
白扇です。

投稿: 風鈴 | 2010年3月10日 (水) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感謝。 | トップページ | 第11回いけだ・春團治まつりのお知らせ »