« あなたがほしい。 | トップページ | 落語研究会 昭和の名人4 »

2012年5月19日 (土)

ほろり。

沖縄のとも助さん(すい好さんのつまようじんぼう)から、贈り物が届きました。沖縄のDVDと私のイメージに合った(?)手ぬぐいです。

120519_00550001 120517_23340001

ありがとうございます。メンバーひとりひとりの顔を思いうかべながら選んでくださったとのこと。私は首里城と沖縄の民族衣装を身にまとった女性の手ぬぐいです。かわいいheart

そしてこの週もう一つうれしい手ぬぐいが…ちょっと遅れの母の日、男前にもらいました。

120515_20510001

落語するときはこういう扇子やないねんけどなぁ。ま、えっか~coldsweats01 手拭いは「風鈴柄」、扇子はうさぎちゃんだった。実はこの風鈴柄の手拭いもってるんだなぁ、まいいか~coldsweats01

ところが木曜日…ふと紙袋を見るとそこには、ちっちゃいお手紙がくっついていました。

封筒に鉛筆で「お母さんへ いつもありがとう」。

開けると…
「お母さんへ
いつもありがとう。特に去年の受験期はお金ばっかりかかってお手伝いもろくにせずに迷惑ばかりかけました。
第一志望の大学には合格できなかったけれど、なんとかそこそこの大学に受かって、今は大学生活が楽しくて仕方ないです(笑)。けどこうやって俺が楽しめるのも去年お母さんが俺を勉強に集中させてくれる環境を作ってくれたからや思います。ほんまにありがとう。そろそろ俺もはたちやし、これからはバイトに勉強に励んでお手伝いもしっかりやって、お母さんも支えていけたらとと思います。これからもまだまだ迷惑かけるかもしれへんけど、これからもよろしく」

と書いてありましたhappy01heart04 これでまた1週間はがんばれるで~note

|

« あなたがほしい。 | トップページ | 落語研究会 昭和の名人4 »

コメント

いい息子さんに育ったのは
お母さんの育て方が良かったんですね。

お宅の娘さん、息子さんの『爪のあか』下さい。
うちの『リアル与太郎』に飲ませます。
風鈴さんのもお願いします。
私が飲みますから。。。

投稿: 東家静香 | 2012年5月19日 (土) 06時27分

ええ息子やなぁ。
泣ける。
うちの真正与太郎にも爪のアカ下さい。

静香さんへ
風鈴さんの爪のアカ飲んだら、我々粗忽者連盟に入れるくらいの素晴らしい人間?になってしまう。(笑

投稿: わいん | 2012年5月19日 (土) 07時03分

エエ息子や~~~~!!
男前やし~~~~~~~~~~~~!!
なかなか書けんで、そんなお手紙。

んで、何で一週間や??
一生、頑張りなさい、これっ!!

投稿: ちろり | 2012年5月19日 (土) 09時05分

風鈴さん、息子さん、ええ子ですねぇ。ホンマに素敵な親子関係です。大きくなってお手紙。宝物ですね(^^)

投稿: yoko | 2012年5月19日 (土) 13時32分

静香さん
ちゃいます、ちゃいます。
粗忽モノの母を見かねたんだと思いますcoldsweats01

投稿: 風鈴 | 2012年5月19日 (土) 21時47分

happy01わいんさん
…だよね。
昨日、阪急バスの忘れ物センターに行き
明日、阪急電鉄の忘れ物センターに行く

投稿: 風鈴 | 2012年5月19日 (土) 21時49分

お~なんていいムスコ!

風鈴さん
同じ手ぬぐいが2枚あるとなにかと便利でいいですよ。
…って、ここまで書いててなんやけど、
ムスコ、このブログ見るんじゃないの?


投稿: ミル | 2012年5月19日 (土) 22時27分

ちろりさん
だって…いくら男前のLOVE POWERでも
最近カラダが持ちまへんねんwobbly

投稿: 風鈴 | 2012年5月20日 (日) 22時02分

yokoさん
そうそうflair
このメールばかりの今ドキ…
手紙はぐっときますよねhappy01heart04

投稿: 風鈴 | 2012年5月20日 (日) 22時10分

ミルさん
ブログ見ませんよ、ゼッタイsign03
携帯放置しててもお互い関心ないですからcoldsweats01

投稿: 風鈴 | 2012年5月20日 (日) 22時13分

内のドラにコピーを送っときました。

紙入れ 出来てますよ。

投稿: もぉくもく | 2012年5月21日 (月) 16時26分

sign02coldsweats01もぉくもぉくさん
うちno
ドラってだれでんねん

投稿: 風鈴 | 2012年5月23日 (水) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あなたがほしい。 | トップページ | 落語研究会 昭和の名人4 »