« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月24日 (日)

落語時代

たまたま見ていたCSテレビ。時代劇専門チャンネルで、落語sign02 ずっと聞きたいと思っていた柳家喬太郎さん(どう呼んでいいかわからないから「さん」付でcoldsweats01)。

それが「落語時代」です。落語だけじゃなくて、喬太郎さんが「落語の魅力」や「落語とは」について語っています。次回(再放送)は6月29日(金)18:00~です。確か次回の喬太郎さんはかなり先になるような予告が…。

「井戸の茶碗」よかったですhappy01heart04 うんflair、また聞いてみたい江戸落語Best5に入るなぁsign03 やってみたいなぁ、江戸落語。

| | コメント (6)

2012年6月23日 (土)

一文笛(番外編)

猪山寄席から1週間経ちました。毎度ながら、猪山寄席で最高に緊張してそのあと脱力してしばらくは落語のお稽古できていません。

猪山寄席はホームグラウンドですが、今回もお客様に助けられたというか、落語を真剣に聞いてくださって、笑っていただけて、とてもやりやすかったです。今日、コメントもいただいた通り、落語はお客様と話し手の相乗効果があって初めて成り立つと思います。

実は1週間前の高座に上がる前、とても落語できるような状態ではなかったのですが、とある方からメールをいただき大変勇気づけられました。その方のメールがなかったら、あの高座があったかどうかhappy01

100回の稽古より1回の高座。実感しました。本当に今回は(今回も)お客様に助けていただきました。心より感謝しています。そして風鈴は高座を終えてお客様と仲間に元気をもらいました。落語を続けていると「もうあかん。ネタ覚えられへん」と何度も思います。座布団に座って「ごめんなさい。できませんsign03」って言っている自分を想像したこともあります。

全国にいる落語仲間はもっと厳しい状況の中で高座をしています。お稽古ですらも。私はスタートからとても恵まれた環境で落語をしていたんだ…と大会で全国の仲間に会って気づきました。「せやからうまなられへんねんsweat01」確かにそう思います。

①池田の牛ほめ
②池田の猪買い
③酒の粕
④延陽伯
⑤狸賽
⑥強情灸
⑦月に群雲
⑧つる
⑨転宅
⑩火焔太鼓
⑪星野屋
⑫一文笛

今回、第6回猪山寄席。落語年齢4歳2ヵ月。12番目のネタ。47回目の高座でした…。チャンチャン。
bell風鈴bell

| | コメント (4)

一文笛について③

果たして「一文笛」は落語なのか人情噺なのか。おちがあるから人情噺ではない、と読んだことがあります。でもその後「一文笛」は人情噺ではなくて落語なんだとも聞きました。私にはどちらがどうなのかわかりません。

確かに私が今までやっていた落語とは違う…のはわかります。一人語りと落語とも違います。お芝居と落語も違います。あんまり感情を入れすぎると落語とは違ってくる、もう少しさらっとやった方が…とも言われました。猪山寄席では感情入れすぎたでしょうか? さびのセリフのところで、もう少し間を置いた方がいいとアドバイス頂きました。後半あせりすぎとも言われました。後半は先が見えて気持ちがはやるのでしょうね。なんとか切り抜けた…って気が緩むのかな。

染左師匠には、①緊張すると体が揺れる②左肩が上がる③秀はもう少しガラ悪くやったほうがいい(つまり風鈴は上品すぎるcoldsweats01)④ここの部分はさらっとやる、ここは聞かせた方がいい…と緩急をつけるように言われました。

初めて「一文笛」を聞く人、何度も聞いておられる人…聞き手によっても語りも違ってくるのかな。でもわかんないもんなぁsweat01 会場のお客様全員に受ける語りはないと思うし。あんまり難しく考えすぎると気持ちよくできなくなるもんなぁ。それよか次にどこかでやれる機会はあるんでしょうか。

今回、仲間の落語聞いていて、みんなそれぞれが楽しく落語やってるなぁって思いました。私にそれができているかsign02って思いました。出番待っているときはそんな余裕ないですもん。いかがでしょう、私、楽しそうでしたかsign02 1か所つまりましたが、それなりに満足ちゅうか気持ちよくできたんですケドcoldsweats01 

ま、なんといっても高座のあとの一杯が最高なんですもんbeer お昼ごはん食べてなかったから、よう回りましたよ~typhoontyphoontyphoon 二次会の名店(前半、笛吹いてもらったしな。ほめとことか)「ちりとてちん」行った時はすでに出来上がってました。翌日出勤なのがつらかった。通常なら仕事は入れないのですが、シフトの都合で休めなかった。次回12月は休もうっと。
bellつぶやき風鈴bell

| | コメント (8)

2012年6月19日 (火)

一文笛について②

物覚えが悪い…というか物忘れが激しいというか。ネタを覚えるのが遅いです。てかお稽古している時間がなかなか取れず、集中力がなく、我慢ができません(だから持ちネタは短いのが多い)。

登場人物は少ないので名前で間違えることはない。でも地名がいろいろ出てきます。堺筋、長堀、八幡筋、御蔵跡。お金もいろいろ。一円、二円、三円、十円。三円八十銭から四円、五円。十三円。八銭五厘。五厘か一銭。二十円。四、五十円。これがなかなか出てこない(実は…本番前に「御蔵跡」「八銭五厘」と掌に書いていました。本番ではこれらはちゃんと言えていたのですがcoldsweats01)。

「規則書」が「きそくそ」になったり「じきに医者へ行け、医者へ」が言えなかったり。今から思えばなんで言えなかったのかって思うのですが…。

一文笛をお稽古し始めてしばらくしてこのネタのキーワードは「一(いち)」だなと勝手に思いました。「飴玉個でも親父に買おてもろた覚えはないわい」「やせえた子が人」「本笛をこう取って見てたら」「ちょっとつ取ってあの子の懐へ放り込んできたんや」「たかだか五厘か銭の笛…」

この話は「明治の初年の頃の話」と米朝師匠が言われていますが、明治の初年頃って十円って今のどれくらいのお金なんでしょう。二十円っていう前金とはどれくらいのお金なんでしょう。リサーチする間もなく高座に上がってしまいました。す、す、すみませ~んsweat01 責めないでくださいsweat01 どなたかご存知の方はやさしく教えてくださいねっwink

| | コメント (2)

一文笛について①

転宅、星野屋…今回、久々に女性の出ないネタやりたくてやりました。

他にも選択肢ありましたが、私はちょっと人生斜めに生きているヤツが好きです。情けないけどかっこよく啖呵切りたい。

仕事ではお客様に丁寧に話しかけている(つもり)ので、落語の中で「何ぬかしとんねん」「何さらしてけつかんねん」なんて大きな声で言えるとスッキリします。

座布団の上で別もんになれることが快感なのかな。まぁ、落語より実生活の方がオモロいとよく言われております。

現実から離れてひととき、別世界に入っていけるのが落語。お客様にも入っていただくためにはお稽古するしかない。

今回まだまだ高座を楽しむ余裕はありませんでした。星野屋のおかんが甘酒運んできてくれたり、駄菓子屋で子ども追い払ってたような気がしました。友情出演というやつですか?

| | コメント (0)

2012年6月18日 (月)

第6回猪山寄席 ご報告

お足元の悪い中、お運びいただきました約80名のお客様、本当にありがとうございました。

今回は生のお囃子…篠山先生、哲夫さん、豊蝶さん、宇乱くん、ありがとうございました。瑞枝さん、二役お疲れ様でした。

私ですかsign02 私はただの広報部長兼宴会部長でございます。宴会部長だけど、お勘定は計算できないんですcoldsweats01

ちょっとまだ16日の生誕50周年お誕生会…いや落語会のあと、祭りのあと、大勝負のあとの「真っ白に燃え尽きた」状態です。

ここはどなたかに助け舟を…そうflair 困った時のゆの様です。ゆ乃月さんのブログでおくつろぎください。

私の感想は日々追々綴っていきます。一度には無理です。ではまたhappy01heart04

| | コメント (0)

2012年6月15日 (金)

夜明け前。

じたばたしてもあと1日。

何が???

第6回猪山寄席

Dsc00324_2   

ただ今、阪急電鉄の川西能勢口駅、池田駅、石橋駅(東口側)に一平さん力作のポスター張ってあります。それらの駅を利用されます方は「コミュニティボード」にご注目ください。池田市広報6月号にも掲載されています。

じたばたしますよ、お稽古はhappy01heart04 高座の後のbeerビールをおいしく飲むために。

最後にお越しくださるお客様にお願いです。当日は雨女風鈴が雨を降らす確率が70%(15日0:50現在)です。傘をお忘れになりませんように。池田駅からは傘をささずにサンシティ池田(池田駅前会館)の2階に行けます。車椅子の場合は1階からエレベーターでお願いします。

そしていつも差し入れ、楽屋見舞いをお持ちくださるお客様…本当にお気持ちだけで結構です。当日はrain雨のようですし、着物や草履など持ち物も多いですし…お気持ちだけで十分でございます。マネージャー(荷物持ち)もたくさんおりますが…どうかお気遣いなしでお気軽にお越しください。そのほうがかえって気を遣わなくていいし、休日の貴重な時間やお金を使って会場に足を運んでくださるなんて…それが一番の励みなんですsign03

| | コメント (6)

2012年6月14日 (木)

ようこそのお運びで…

ん~もうsign03っちゅうことが最近多くて、お稽古にも身が入らない日が続き…それでも先週土曜日行ってきました、伝楽亭。落語みゅーじあむなら片道歩いても20~30分。伝楽亭なら阪急バスに乗って、阪急電車乗って、地下鉄谷町線に乗って、さらに徒歩5分。

でもなぁ…やはりネタおろしは伝楽亭で、と自分で足枷をはめている。はめているけど褒められる出来では決してナイ。むしろ逆。ボロボロになりに行くのです。そして一度立ち直れないほどのショックを受けるような結果であればそこから1週間死に物狂いで頑張ればいいわけですし。

今回もボロボロでしたよ。かかしさん、若奈さんはお優しいから責めないけど。本当に伝楽亭の高座を汚してしまった気がします…。

でも、そんなことはもう過去のこと…。今週もやる気ない(いえ、やる気になれない)日々が続くのかと思いきや、1通のファンレターがhappy01 それは4月の花のべっぴん寄席を聞きにきてくださったご夫婦からの心温まる内容でした。それを読んだ私は何が何でも土

↑というところでブログ終わってましたね。入力しながら意識なくなったんだと思います。失礼しましたcoldsweats01

何が何でも土曜日(16日)、がんばりま~すsign03

| | コメント (4)

2012年6月12日 (火)

そこに愛はあるか。

本日(正確には昨日)の仕事のテーマは「そこに愛はあるかい」でした。

「愛の反対は憎しみではなく、無関心だともいう」という天声人語の言葉が思い浮かびました。それはマザーテレサの言葉だそうです。「愛の反対は、憎しみではありません。憎む対象ですらない無関心なのです」

愛していたら無関心ではいられない? でも関心持てる時間すらない場合は愛してないってこと???

| | コメント (0)

2012年6月 6日 (水)

元気出た。

本日、最後の体育祭(小鈴は高校3年生)。

お日様浴びたコト、小鈴最高の笑顔見れたコト、友達と会えたコト…おかげさまで元気いただきましたっ。明日もがんばろうっと。

120606_08480001
↑赤いバラつけているのが小鈴です。昨夜梅田の美容室までセットしに行ってました。セットをつぶさないようにうつぶせ寝してたみたい。

次は孫の運動会かなhappy01heart04

| | コメント (6)

落語研究会 昭和の名人4

なんばパークスシネマ他で6月30日より、スクリーンで観る高座「落語研究会 昭和の名人4」が上演されます。

東西巨匠が夢の競演!!

六代目 笑福亭松鶴  高津の富(昭和45年)モノクロ 33分
五代目 柳家小さん   試し酒(昭和59年) 29分
六代目 三遊亭圓生  猫忠(昭和52年) 34分
五代目 桂 文枝    猿後家(昭和61年) 31分

1~3は志ん朝師匠が出演していたのに残念…wobbly

| | コメント (4)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »