« 一文笛について② | トップページ | 一文笛(番外編) »

2012年6月23日 (土)

一文笛について③

果たして「一文笛」は落語なのか人情噺なのか。おちがあるから人情噺ではない、と読んだことがあります。でもその後「一文笛」は人情噺ではなくて落語なんだとも聞きました。私にはどちらがどうなのかわかりません。

確かに私が今までやっていた落語とは違う…のはわかります。一人語りと落語とも違います。お芝居と落語も違います。あんまり感情を入れすぎると落語とは違ってくる、もう少しさらっとやった方が…とも言われました。猪山寄席では感情入れすぎたでしょうか? さびのセリフのところで、もう少し間を置いた方がいいとアドバイス頂きました。後半あせりすぎとも言われました。後半は先が見えて気持ちがはやるのでしょうね。なんとか切り抜けた…って気が緩むのかな。

染左師匠には、①緊張すると体が揺れる②左肩が上がる③秀はもう少しガラ悪くやったほうがいい(つまり風鈴は上品すぎるcoldsweats01)④ここの部分はさらっとやる、ここは聞かせた方がいい…と緩急をつけるように言われました。

初めて「一文笛」を聞く人、何度も聞いておられる人…聞き手によっても語りも違ってくるのかな。でもわかんないもんなぁsweat01 会場のお客様全員に受ける語りはないと思うし。あんまり難しく考えすぎると気持ちよくできなくなるもんなぁ。それよか次にどこかでやれる機会はあるんでしょうか。

今回、仲間の落語聞いていて、みんなそれぞれが楽しく落語やってるなぁって思いました。私にそれができているかsign02って思いました。出番待っているときはそんな余裕ないですもん。いかがでしょう、私、楽しそうでしたかsign02 1か所つまりましたが、それなりに満足ちゅうか気持ちよくできたんですケドcoldsweats01 

ま、なんといっても高座のあとの一杯が最高なんですもんbeer お昼ごはん食べてなかったから、よう回りましたよ~typhoontyphoontyphoon 二次会の名店(前半、笛吹いてもらったしな。ほめとことか)「ちりとてちん」行った時はすでに出来上がってました。翌日出勤なのがつらかった。通常なら仕事は入れないのですが、シフトの都合で休めなかった。次回12月は休もうっと。
bellつぶやき風鈴bell

|

« 一文笛について② | トップページ | 一文笛(番外編) »

コメント

生まれてはじめてナマの米朝を見た(笑)とき、演目のひとつが「一文笛」でした。感動したなぁ~
札幌市民会館2階席のすみから、身を乗り出して聞いてたのを思い出します。
いつでもどこでも思う存分やってください。
今度会うときにぜひ聞きたいです。楽しみ~

投稿: ミル | 2012年6月23日 (土) 06時57分

大分入れ込んでるようですね!

私見
噺の半ば兄貴に諭される所から、女の子が井戸に飛び込む迄の間が山場だと思うんです。そこをきっちりやらなければ、指を落とす理由に繋がらないと思います。女の子のくだりがあっさりしすぎてました。

風鈴・いろは二人会はいつの予定ですか?

投稿: もぉくもく | 2012年6月23日 (土) 08時10分

確かに後半早かったですねぇ。でも、私はアニキが教え諭すとこで胸がつまりましたよ。
怪談噺も人情噺に分類されるという方もいるそうです。人の情を描いているから。
そういう意味では、「一文笛」は人情を描いているとは思います。
また、風鈴さんの「一文笛」聞きたいです。

投稿: faye-y | 2012年6月23日 (土) 09時10分

ミルさん
すごいですよね、米朝師匠。やっぱりすごい。私は上方に住んでいるのにナマでは聞いたことがないです。よもやま噺だけ。ひょっとして今日…ってまだ期待してるんですが(笑)。無理だと思っても近づきたいです。

投稿: 風鈴 | 2012年6月23日 (土) 11時39分

もぉくもくさん
なぜ子どもは女の子と思われたのですか?散髪がボサボサに伸びた→男の子。己の小さい自分を思い出した→男の子、武士の子どもが盗みの疑いをかけられたことを恥じる→男の子

…というイメージでしたが。

投稿: 風鈴 | 2012年6月23日 (土) 11時48分

faye-yさん
私の中で猪山寄席は毎回ほぼネタおろし。今回もその一週間前の伝楽亭で赤っ恥をかいて猪山寄席。やっぱり人前でやってこその勉強だと思います。また聞きたいと言っていただけるとうれしいですsign01

投稿: 風鈴 | 2012年6月23日 (土) 13時11分

先日、BSのある番組で、志の輔さんと昇太さんが同じ様な事を言ってました。

「落語は演じ過ぎてはいけない」と。

演じ過ぎるとお客さんが創造し辛いからだそうです。

落語は演者とお客さんとの共同作業の芸です。
自分の自己満足だけでは成立しません。
いかに自分が楽しみ、お客さんに想像して貰い、楽しんでもらえるか。
落語とはそう言った芸だと言う事でしょうね。

投稿: 笑らく | 2012年6月23日 (土) 20時15分

笑らくさん
まず自分が楽しまないとね。
私らは社会人ですからcoldsweats01
それでお客様に喜んでいただけたら最高heart04
どや感が出たら最悪ですwobbly

投稿: 風鈴 | 2012年6月23日 (土) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一文笛について② | トップページ | 一文笛(番外編) »