« 初高座。 | トップページ | 第7回落語みゅーじあむアマチュア落語発表会寄席 »

2014年1月26日 (日)

玉さま!

初玉三郎さまでございました。

Kc4a05560001

本日ゼッタイ忘れてはならないのは、チケットとオペラグラス。だって庶民ですもの、3階席ですからオペラグラスは必携。

Kc4a05470001

そう言い聞かせて楽しみにしていた今日。15分のバスに乗ろうと思っていたら…あ、そうそうバスのダイヤ変わっていたことに気づく。9分のバスは今から無理。じゃ、少し離れたバス停までチャリで走ろうと寒かったけどチャリで出発。途中で「あwobblyオペラグラス忘れたsign03

バスに乗り遅れて動転していたのかすっかり忘れてた。でもまぁすぐに気づいてよかった、少し遅れるけど取りに戻ろうと引き返す。すぐに見つからなかったらどうしよう…鍵をあけて部屋に戻り引き出しをあける…「あflairあった、よかった」オペラグラスをつかみ、家を出る。

が、しかーしっ。梅田駅に着いて何やらイヤな予感。バッグを探してもオペラグラスがないsign03 いやまさか。私は何しに戻ったのだ。オペラグラスを取りに戻ったのではなかったか。確かにオペラグラスをつかんだ…そこまでは覚えている。ではそのあとどうしたか…記憶にない。無意識にバッグに入れてどこかで落としたsign02

でもそんなしくじりも忘れてしまうほど、よかったのです、玉三郎さまheart04 七之助さんもがんばってましたよ~。あの早変わりいまだにわかりません私。

一、村松風二人汐汲(むらのまつかぜふたりしおくみ)

二、操り三番叟(あやつりさんばそう)

三、二人藤娘(ににんふじむすめ)

四、於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)

おお、金色の腰蓑sign02 銀色の桶sign02 あれはイナバウアsign02 とか最初は内心ツッコミを入れておりましたが…でも手の所作が美しい…骨はあるのかしら、お酢でも飲んでいるのかしらというくらいしなやかな手の動き…あの首、うわー色っぽい…どんどん引き込まれていきました。

操り三番叟…あれ、糸があるんだよねって誰にも聞けない。太鼓や三味線のきっかけがあるわけではないのにあの動き…すごいなぁ。

二人藤娘…美しい。少し酔いの回った感じがかわいい。「吃又の所作事、大津絵の藤娘…」今、覚えている落語に出てくるセリフ、こんなところで聞けるとは。

七之助さんの早変わり、いまだにわからない…。片思いで気がふれてしまう一途な乙女心、あー可憐だわ。

イヤホンガイド、あれはヨカッタsign03 あれがなければストーリーや細かい演出がわからず、ここまで感動できなかったと思う。歌舞伎初心者の皆様、イヤホンガイドはオススメです。

Kc4a05510001
↑若い子がコレを見て「今年は牛年?」ゆうてましたがな。

Kc4a05540001
↑外は寒かった…。ポスターほしかったんだけどなぁcoldsweats01 文楽ならくれるんだけどなぁ。

結局、家に戻るとオペラグラスは玄関に落ちていました。推測するにブーツをはこうとして握っていたオペラグラスをそこに置いたのだと思われます。恐るべし、自分…shock

|

« 初高座。 | トップページ | 第7回落語みゅーじあむアマチュア落語発表会寄席 »

コメント

イヤホンガイドあるの初めて知りました。
あれ、外国か動物園だけだと思っていました。

投稿: めんどう | 2014年1月27日 (月) 05時11分

めんちゃんへ
私のような初心者にも裾野を広げないと古典芸能は廃れますもの。
落語でも「へっつい」とか難しい言葉出てきますよね。賛否両論ありますがわかりやすいようにまくらで説明したり言い換えたりしますよね。

投稿: 風鈴 | 2014年1月27日 (月) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初高座。 | トップページ | 第7回落語みゅーじあむアマチュア落語発表会寄席 »