« 別嬪寄席in高松 | トップページ | 新春出前寄席 »

2016年1月18日 (月)

別嬪うどんツアー1.10

さて、翌日のうどんツアー。前日の落語会で5杯食べると公言したものの、結果は4杯。言い訳になりますが、理由は時間切れ。

朝は8時にホテルロビーに集合。ポイントは「朝食抜き」。つまり朝ご飯としておうどんを食すというオープニング。ホテルの予約は「朝食付き」だったけど主催者みっちさんから前日に「朝食は食べずに集合です!」と言われたので納得せざるをえない(笑)。

まずは一軒目。「うどんバカ一代」とてもシンプルであっさりしてました。かけうどん(小)220円。小なのに小じゃなかった💦 私はかけうどんだったけど、まっちゃさんは豪快に釜バターを注文。カルボラーナ風のおうどんです。こちらの店は朝の6時から開店しているとか。そのためには真夜中からおうどんを打ってはるということですよね。8時過ぎには行列できていました。





二軒目は、車で30分ほど離れたところへ行ったのですが目指した店「がもう」が休業で近くの「山下」へ。





お店はプレハブ作り、しかもお店の名前が見えない位古い看板。おうどんのお汁の色が濃い割にはあっさりしていました。(小)なんと一杯150円!

さて、3軒目。グルメのサイトで調べたところ目指した店はまたまた休業ということで、みっちさんの仲間のうどん店主白扇さんオススメの「よしや」へ。







左がほっぷさん。
私は2杯続けてかけうどんだったので、ここでしっぽくうどん(小)を注文。バスの時間が迫っていたのでコレで食べおさめかもということで。確か360円。おうどんは太かったり細かったり、コシがあって美味しかった。

そして車はバス停を目指したのですが、ココで私の高松在住のうどん好き野田君イチオシの「うどん番長」へ。「もう一軒行くとお土産買う時間がないかも」と言われたけど、ええい行ってまぇ〜!



なんと4杯目はカレーうどん(小)に挑戦。いや〜美味しかった。

なんとこの店のメニューはみっちさんの妹さんが書いておられるのだとか。そう言えば、昨日の落語会のお茶子はみっちさんの妹の娘さんでした。私は直島でみっちさんの弟さん(直島バーガー経営)とも会っている。社会人落語仲間でみっちさんほど、その兄弟にお世話になった人はいない(笑)。

この店に限らず、高松の別嬪たちは食べるのが早い!とにかく早い!若いまっちゃさんはわかるけど、ほっぷさんも早い早い!私はいつも食べるのが早いと、ランチ仲間に叱られるのだが、そんな私より早い。コレには驚いた。

さて、車はバス停を目指し、途中地元のスーパーでお土産をどっさり買って予定通りのバスに間に合いました。バス始発が高松駅前11時半だったけど、高松駅に戻る時間がなく途中のゆめタウンから乗りました。3時間半で4杯食べたから許したってください(笑)。

あ〜美味しかった!楽しかった!


|

« 別嬪寄席in高松 | トップページ | 新春出前寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 別嬪寄席in高松 | トップページ | 新春出前寄席 »