« 新春出前寄席 | トップページ | 春はいそがし »

2016年2月 1日 (月)

初めての新作落語



昨日の第13回猪山寄席は、鮎さんが風邪のため欠席したためか、お客様がいつもより少なめでした。寒い曇り空のなか、お越しくださいました全てのお客様に感謝いたします。

時間が余るので落語会冒頭で一同に並んで自己紹介タイム、篠山先生による「野崎」の三味線演奏がありました。きっと春團治さんも空から聞かれていたかも。

落語を始めてまもなく8年経ちますが、古典落語が好きで新作落語には手を出してませんでした。全く初めてというわけではないのです。「月に群雲」は古典落語の世界ですし、「一文笛」も桂米朝作ですが私の中では古典落語ですので。

落語始めてまもなく新作があってると言われていたのですが、怖くて手が出せませんでした。というのも…新作落語のおもしろさってはまるとスゴイけど、はずすとその反動もスゴイ。古典落語は歴史があるだけに大きくはずすことがない、レールに乗れば安心して駅(オチ)まで連れて行ってくれる…そんなイメージ。

だから今回は笑っていただけるか不安でした。古典だと自分でやっててもおもしろいんだけど、新作はお稽古しててもなんか不安で。いや、ネタはおもしろいんです、確実に。でも…落語独特の言い回しがない分リズムが取れなくて、普段の言葉遣いの分適当に言葉を入れ始めると無駄な言葉が増えたり、不自然な言葉入ったり収集がつかなくなってしまうんです。

あ〜、でも猪山寄席のお客様最高❗️よく笑っていただけました。ま、ネタがおもしろいから、ですね。高校の同級生も来てくれて「あれは、落語ってゆうより普段の会話やん」。あれは落語ではなかったのでしょうかcoldsweats01

今回特筆すべきことは、下座の豪華さ❗️篠山先生、みずえ(青波)さんの三味線は安定感バッチリ❗️骨折療養中にかかわらず来てくれはった豊蝶さんの笛、日本一の奥様ちろりさんの太鼓、七代名人も来てくださいました。ありがとうございました。




一ヶ月に三席、ともあれ大忙しの1月が終わりました。次回の高座は2月28日(日)落語みゅーじあむ発表会寄席「平林」ネタおろしです。

|

« 新春出前寄席 | トップページ | 春はいそがし »

コメント

ほうちょうさんケガしたの?お大事にって言っておいて下さいね。

怪我しない転び方あるみたいですね。
リハビリで言っていました。何言っていたか忘れた。
手をついて転ぶと腕おるかもしれない。私は。ほうちょうさんの怪我見て思います。

投稿: めんどう | 2016年2月 1日 (月) 18時49分

めんどうさん
交通事故ではねられ着地の時に手をついてそうです。ケガは誰にでも起こりますよ。みんな若くないんだし(笑)。

投稿: 風鈴 | 2016年2月 1日 (月) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新春出前寄席 | トップページ | 春はいそがし »