« 近況報告 | トップページ | 追記 »

2016年7月13日 (水)

笑鬼さんに思う

今日の午後、関大亭笑鬼さんが亡くなられました。

いつ頃何がきっかけで話をするようになったのか全然覚えてない。ちりとてちんの2階だろうか。誰かに紹介された記憶もないので、厚かましい私が話しかけたんだと思う。確か3年目くらいだったと思う。「3年目にしてはうまいで!」アホな私は真に受けてうれしくなって、がんばってお稽古し続けた。

5年くらい前になるけど「笑鬼さん、落語教えて下さい」とお願いしたら、休みの日に笑鬼さんの会社に呼んでくれはった。娘の小鈴も一緒だった。教えてもらったネタはなんだったんだろう。

それから社会人落語日本一決定戦の予選会場で、観客として来てた笑鬼さんと何度かお会いした。「笑鬼さん、聞いてくれました?」「ああ、うまなったな」アドバイスはしてくれなかったけどほめてくれはった。冷静に考えたらほめられてなかったんだろう。でも私はうれしかった。

そのうち猪山寄席に毎回来てくれはるようになった。いつも差し入れしてくれはった。去年の12月「コレな和菓子屋のシフォンケーキ、うまいねん」と抹茶のシフォンケーキを頂いた。

今年の社会人落語日本一決定戦寄席の打ち上げで、池田で飲んでその後、石橋で一緒に飲んだ。圓九さんを池田に呼び出したのは確かあの時だったよね。奥様も来てくれはってみんなで石橋に行きました。けーじさん、夢輔さんもいたよね。

具体的なアドバイスをくれはったのは最近かもしれない。「うまいことやろうとすな」「もっと自分らしさを出せ」そんなことを言われた。「あいつ、うまいやろ」他の女性の社会人落語家の名前を出して言われたことがある。確かに、うまいです。彼女にはできているのに私にできていないこと…笑鬼さんに言われてからずっと考えてました。

今年4月。寅の子寄席とほぼ別嬪寄席と連続して聞きにきてくれはって、どっちの打ち上げにも出てくれはった。寅の子寄席の打ち上げで翌日の高座があるからと生ビール2杯だけと心に固く決めていたのに2次会のカラオケ、笑鬼さん行きつけの所へついて行った。私は私はほぼ別嬪で、ネタを繰り返す失態(←自覚なかったが他の人から指摘されて後で発覚)をしてしまったけど「よかったで〜」とゆうてくれはった。「猪山の時より?」「ああ、よかった」


「最近芸風変わったんですか?」と「時うどん」あたりでお客様に言われました。落語より落語みたいな実生活を送っていてそれを落語に出さないともったいないと思うようになったからです。うまい落語よりおもろい落語、自分らしさが出る落語、ずっとそんことを考えています。

ようやく、少しは風鈴らしい落語ができるようになってきたかな…というところです。お見舞いに行った時「落語したい」ってゆうてはりました。まだまだ笑鬼さんに教えて欲しかった。聞きにきてくれはるだけでもよかった。早過ぎますわ。もっと一緒しゃべりたかった。もっと一緒に歌いたかった。もっと一緒に飲みたかった。8月一緒に千葉に行けるって楽しみにしてましたのに。

心よりご冥福をお祈りいたします。

|

« 近況報告 | トップページ | 追記 »

コメント

残念でなりません。

この11月または12月に、笑鬼さんと二人会する予定でした。お互いに2席づつするところまで、決まってましたのに。トップは私が「風鈴さんどうですかね?」と笑鬼さんに言うと、「おぅ、あいつええなぁ、具体的に決まったら声かけてみよや。」 まで言うてたのに・・・。

「とりあえず入院するけど、復活したらすぐ連絡するわ。」
これが、最後のやりとりになるとは・・・。

投稿: こんそめ | 2016年7月14日 (木) 02時30分

こんそめさん
そんなやりとりがあったなんて。実現して欲しかったな「笑鬼・紺染二人会」。お茶子でもいいから絡みたかった。二人会もっと厚かましくプロデュースしたらよかった。だから「早く❗️いつやりますか?」ってあんなにこんそめさんをせかしたのに。私より笑鬼さんの方がいらちやったみたい。

投稿: 風鈴 | 2016年7月14日 (木) 05時05分

風鈴さんがほび別嬪企画してくださったおかげで、会えててよかった。ありがと。
会うたびに勇気づけてくださいました。それもああ失敗した~~と思うときばかり客席にいてくださって(笑)それでも優しかった。

関東でも聴けるようになってきて、私も呼びたい!って思ってたのにな。ほんとにさみしいね。

投稿: 遊月 | 2016年7月14日 (木) 08時56分

風鈴姐の文章、じーんと来ます。「うまいことやろうとするな」って凄い名言ですね。私も、「あんた、アホやなー」と、優しい言葉をかけてもらったこと、忘れられません。これからますます素晴らしい高座を務められたでしょうに、早過ぎる・・・。

投稿: 小遊 | 2016年7月14日 (木) 10時24分

私も抹茶のシフォンケーキの差し入れ、いただきました。
その日、笑鬼さんは風邪をひいてて、かなりしんどかったんやと思うんです。伝楽亭に来てくれはったんですけど、寄席は見ないでシフォンケーキだけ置いて帰られました。
仙台に出張した帰り、「途中下車やから」と言って、東京でやってる我々の寄席を見に来てくれはったり。
わざわざなのに、相手にわざわざと感じさせない、さらっとした親切をいつもしてくれる方でした。
『ぼやき酒屋』のセリフよろしく、「冗談やがな~」と言って、またどこかの寄席の会場に現れそうな気がしてなりません。まだ、現実を受け止めきれずにいます。

投稿: さえ | 2016年7月14日 (木) 11時56分

これからこんな話たくさんあるよ。
私はもう慣れました。
悲しいっては思うけど。人間皆亡くなりますよ。永六輔さんの言葉。

投稿: めんどう | 2016年7月14日 (木) 17時17分

遊月さん
寅の子寄席の打ち上げにも、来てくださってました。きっと来年は草葉の陰から聞いてくれはることでしょう。

投稿: 風鈴 | 2016年7月14日 (木) 20時43分

小遊さん
アホやなぁってコレ以上のほめ言葉はないよ❗️さすがや〜。ホンマほめ上手やねん。

投稿: 風鈴 | 2016年7月14日 (木) 20時45分

さえさん
ホンマに気遣い、心遣いの方あるでした。ジェントルマンでしたよねぇ。

投稿: 風鈴 | 2016年7月14日 (木) 21時05分

めんどうさん
いつか人は死ぬ。そんなことわかってるよ。慣れたから悲しくないとか、慣れてないから悲しいとかの問題でもないし。

投稿: 風鈴 | 2016年7月15日 (金) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近況報告 | トップページ | 追記 »