« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年10月26日 (水)

そして祭りのような夢の続き

今年の「社会人落語祭り」はこれだけでは終わらず、10月10日、健康的なイベントが全国各地で催されているさなか私たちはカラダに悪い(いや、悪くない❗️)落語会を開催しました。



第二回岡町噺の会。発起人は千里家圓九サン。この会の趣旨がよくわからないまま(いや、うすらぼんやりわかってましたってば)当日。関東から来阪3日目の落語バカ6人、迎える関西の落語好きなアホが6人、集まりまして、夢の饗宴…じゃなくて夢の共演が実現しました。









お客様は130人を超えていたと言いますからスゴイ人気❗️(←私の人気ではない)



打ち上げで私はアンケート、全部目を通しました❗️貴重なご意見ありがとうございました。その中で一つ「みかんの問題、答えが間違っていた」と書かれたのですが…噺の中に出てくる先生の「正解だけが全てではない」と私は思いますし、正解は一つではないと思いますので、どうかご理解くださいませ。

おしまい。


| | コメント (3)

2016年10月18日 (火)

夢の続き

もう一週間以上経っているので今更感満載なのですが、覚書として。

予選の夜は、毎年恒例のアレ…からのちりとてちん…からのカラオケ@クルエラ。

アレとはキビシ〜イ入会審査基準をくぐり抜けたツワモノどもが夢の跡(なんのこっちゃ)…風鈴ファン倶楽部、今年はえーっと何人だったかな、最終99人?もはや宗教団体?教祖いや客寄せパンダは風鈴で、後ろでそれを操るのは…そうアノ人❗️この方に説教されたい方が年々増殖中(笑)。

3時間のファンミーティング、今年はケガ人もケンカもなく…途中さわやか(?)交際宣言の記者会見が急遽始まり、和やかなうちにお開きに。お開きになる頃にはもうベロンベロン(になってないと思っていたけど)。A地点からB地点まで「風鈴ファン倶楽部」の名びらを紛失。あ〜、キッチュさんの手前、公開捜査がでけへん❗️

ちりとてちんでは烏龍茶一杯だけを飲み帰るはずが気付くとカラオケへ。クルエラは店の名前ではなく、ママの風貌が101匹わんちゃんに出てくるクルエラそっくりなので。ちりとてちんにいるすい好さんを迎えに行って帰ってきてまもなく私は無事帰りました(どうやって帰ったか記憶なし)。

そして翌日は、決勝。どなたが上がられたのかは多くの方が書かれていますので省略しますが…憧れます。入賞された皆様、おめでとうございます。皆さん、とにかくたくさんの高座に上がっておられます。そのためにたっくさんのお稽古をして、振り返り、アドバイスを真摯に受け止め、日々研鑽されています。それらを全てやれば決勝に上がれるのかというとそうでもない。でも全国各地から時間とお金をかけ予選に来られているほとんどの方が実行されていることです。最低でもそれらの努力は必要だということ。う〜ん、できていない❗️来年こそはがんばろう…と毎年思うのであった。

続く。

| | コメント (1)

2016年10月12日 (水)

感謝

文字通り、7日の夜から昨夜10日の夜まで落語WEEKでした。

7日の夜は大会の前日入りしている仲間が石橋の高級居酒屋「ちりとてちん」に集まる風習なので、チョットだけ参加。でも頭は翌日の予選ネタで頭いっぱい。6日夜生まれて初めてのカラオケでのひとり稽古で制限時間10分になってなかったので、あせりまくり。皆さんの懐かしい顔を見た後はカラオケへ…のつもりが、ちろりさんが「2階で稽古しぃや」って言ってくれはったので、2階へ。マクラ、ネタの構成…最後の最後まで迷ってたけど、小亀師匠のアドバイスもあって、あのかたちに。

そして、予選の日。今年は池田駅前南会館。中入り後の2人目。中入りでお客様がドバーッと移動。スカスカの会場でした。笑いのボリュームもイマイチ。そこそこ笑いはあったけど、今までのどの「親の顔」よりも静か。コレが大会の怖いとこ?

するってぇと私の頭はドンドン冷静になってネタは飛ばさず、つまらず、かまずやりきれました(笑)。昔の同僚(そして仲人)が八尾市から来てくれて一番前で聞いてくれてました。きっしん、もくもくさん、スゥさん。、スゥだんだんさん、仕事終わってかけつけてくれた歯光さん、ありがとう❗️

続く←ホンマに続く?

| | コメント (1)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »