« そして祭りのような夢の続き | トップページ | 総括2016 »

2016年12月30日 (金)

「呉服会館で落語を聞く会」

(今更ですがアップしそびれていたので年末SALEでアップします)

11月19日は、池田市内で落語会でした。定員30名という小さな会も半年ごとに3回目を迎え(私は2回、3回の参加ですが…)、自治会、社会福祉協議会、子ども会…地元の方々に定着して来た印象でした。



十徳 絹馬
平林 風鈴
大安売り 鮎の助
子ほめ 青波



今にも降り出しそうなお天気にも関わらずお客様は18名。スタッフとして絹ちゃんの奥様、レギュラー颯人くんも参加。ありがとうございました。

この会の特徴は、サゲを先に言っちゃう…タイプのお客様がいない(初めて聞くかのように笑ってくださる)、子どももいる、私を知っている人がいない、ということ。なので、大ネタは必要がないし、長くなくて、幅広い年齢層にわかりやすいネタがいいなぁと考えています。

4月「岡町噺の会」のアンケートで声が小さかったと書いてもらいましたので、今回はマイクもないし、声を張ったつもり(←アンケートで声に関してそれなりの評価をいただきました)。

登場人物それぞれに色をつけないでネタに集中する。3人目のタバコ屋さんだけはおばあさんに。名前の順番は間違えずに言えた…でも丁稚の大事なセリフ忘れて後で付け足した(←あかんやん❗️)。

あとはサゲ。平林のサゲはわかりやすくて好き。サゲ前の加速?盛り上がり?集中力を切らさずにモタモタせずにストンと落とせるか最大の課題。コレは失速せずにちゃんと言えたか、録画を見ないとわからないかも。

でも反省点みつけられただけ冷静にできたというこかな(笑)。

19日は、猪名川亭絹馬さんが席亭をつとめる「呉服会館で落語を聞く会」に参加しました。

定員30名の小さな会ですが、自治会、社会福祉協議会、子ども会のみなさんにお声かけさせていただき半年ごとに開催されて地元の会として定着、3回目を迎えています。

私は2回目、3回目に出してもらいました。個人的には、子どもから大人までわかりやすくて短いネタ…と、今回は「平林」を。2月の発表会の時は、登場人物をいろいろ変えて遊んでみたのですがネタ自体がおもしろいので、そんなことしたらネタのおもしろさがぼやけてまう、しょうむないとこでエネルギー使うより名前をちゃんとネタ通りうまく間違えるよう(発表会では間違うところを間違えた💦)ほぼ素直にやってみました。

それと前回の高座「岡町噺の会」のアンケートで声が小さかったと書いてありましたので、まずは声を張ろうと思いました。あとはサゲ!「平林」のサゲは大好きなので。

|

« そして祭りのような夢の続き | トップページ | 総括2016 »

コメント

ワッ! なんと風鈴さんも『平林』持ちネタやったか!

私は、春団治師で覚えてサゲは「ワイは、字がしれまへんねん。」ちゅうやつですが、同じなんかなあ?


投稿: 紺染 | 2016年12月31日 (土) 12時54分

紺染さん
確か「平林(ひらばやし)さん?惜しいなぁ、お宅に用事はおまへんわ」だったと思います。

投稿: 風鈴 | 2016年12月31日 (土) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そして祭りのような夢の続き | トップページ | 総括2016 »