« 今年後半の高座予定です。 | トップページ | ご報告(長い道のり編) »

2018年10月 1日 (月)

ご報告

台風一過、皆様ご無事でしたでしょうか。今朝起きたら夢じゃなかった…のでご報告します‼️


(↑写真は事務局ブログより)
社会人落語日本一決定戦、ようやく決勝に上がることができました。あれ、私だけ目立ってない???



ネタは「芸者ちどり24才」。



決勝進出は決まりましたが、チャーミーにやられました。台風の影響で決勝が延期に。本日現在まだ日程決まらずドキドキが続きますががんばります。

応援してくださった皆様、おめでとうメールくださった皆様、なかなかお礼、お返事できなくてすみませんでした。発表直後からずっと酔っ払っていて(笑)。

後ほど、詳細UPしますのでご了承ください。


下の写真2枚は、お友だちのお友だちに頂きました。毎度毎度、ヒヤヒヤさせてすみませんでした‼️

|

« 今年後半の高座予定です。 | トップページ | ご報告(長い道のり編) »

コメント

おめでとうございます!
決勝でもトキ姐さんの活躍楽しみにしています。

投稿: ゆ乃月 | 2018年10月 1日 (月) 14時18分

風鈴姐さん、おめでとうございます!めちゃめちゃ嬉しいですっ!決勝は是非応援に行くぞぉ。

投稿: | 2018年10月 1日 (月) 14時32分

おめでとうございます!
風鈴さんなしにはここまで毎年盛り上がらないであろう池田の大会で、ついに!!!ですね。やっと時代が風鈴さんに追いついた!(台風には追い越されましたが)

決勝戦の日程がとにかく気になりますが、なんとか万障繰り合わせて参加したいです!お目にかかれるのを楽しみにしています!

投稿: さえ | 2018年10月 1日 (月) 15時25分

ゆ乃月さん
ありがとうございます。10年間大会に関わって来てようやく…といった感じです。年々増えていく仲間が喜んでくれたのが一番うれしいですよね。
ゆのちゃんも「ちりとてちん杯」決勝進出おめでとうございました。きっとおんなじ気持ちだったんだろうなぁと思います。これからもよろしくお願いします。

投稿: 風鈴 | 2018年10月 1日 (月) 17時00分

わったん
ありがとう!署名ないけど(笑)。名前出してよかったかな?ずっと応援してくれてる仲間から多数「今までで一番だった」と声をかけてもらいました。今までの大会、緊張しすぎちゃって…。お連れさんによろしく。これからも応援よろしくお願いします。

投稿: 風鈴 | 2018年10月 1日 (月) 17時03分

さえさん
ありがとうございます!そしてさえさんもおめでとうございます。決勝進出した女性3名の共通項は何か…それは、7月沖縄に行ったこと。だから何?なんですが(笑)。ともあれ、決勝では開き直って頑張りましょう。年内で開催してもらわなくてはね!

投稿: 風鈴 | 2018年10月 1日 (月) 17時20分

決勝進出おめでとう! 風鈴さんのええアジが出たんやと思います。また貴方にピッタリのネタに出会いましたなあ。 春に寅の子寄席でこのネタを見たとき、「いつもドキドキの風鈴さんやないでー、おもろいなあ気合入ってるなあ。」と。 その勢いで決勝戦頑張ってください。

投稿: こんそめ | 2018年10月 1日 (月) 23時20分

本当におめでとう!今年は話し始めた瞬間から、全く心配することなく、聞き入っていました。
決勝は必ず観に行きます。ここまで来たら失礼ながら、ダークホースとして一気にゴールを先頭で駆け抜けて下さい。何年も頑張っている(楽しんでいる)風鈴さんが勝っても、誰も驚きません。
堂々たる決勝の話しぶりを楽しみにしています!

投稿: お連れさん | 2018年10月 2日 (火) 01時06分

紺染さん
ありがとう‼️コレは後の記事で書くつもりだったけど…ネタとの相性、会場との相性、お客様との相性、前後の演者さんが作るその場の空気感…全てがパチリとはまったんでしょうね。審査員、上手い人は選ばないって言ってたし。素人臭さも大事(笑)。

投稿: 風鈴 | 2018年10月 2日 (火) 17時00分

お連れさん…と呼んでいいのか(笑)。
ありがとうございました。コレも後で書こうと思っていたのですが、いつもはバクバクいう心臓が、高座に上がった瞬間…静かな湖の水面を見ているようなそんな境地になったんです。不思議ですね。いつもいつも聞いてるお客様をヒヤヒヤさせてすみません‼️まだ決勝日時はわかりませんが、ご都合つけばぜひお越し下さい。

投稿: 風鈴 | 2018年10月 2日 (火) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年後半の高座予定です。 | トップページ | ご報告(長い道のり編) »